聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

ヨハネによる福音書 1:43〜51

2019年2月17日(日) 主日礼拝  
聖書箇所:ヨハネ 1:43〜51(新共同訳)


 福音書は、イエス キリストを伝えようとしています。イエスがキリストすなわち救い主であることを伝えようとしています。
 きょうの箇所はまだ1章です。この1章で言っていることは3つです。1〜18節は「イエス キリストは神の言葉です」ということ。19〜28節は「洗礼者ヨハネは救い主ではない」ということ。そして29〜51節は「自分でイエスを見てみなさい」ということです。

 29節で洗礼者ヨハネはイエスを指して「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ」と言います。34節でヨハネは「わたしはそれを見た」と言います。36節でも「見よ、神の小羊だ」と言っています。39節は「来なさい。そうすれば分かる」と訳されていますが、元々は「来て、見なさい」となっています。
 そしてきょうの箇所でも46節で「来て、見なさい」とあります。

 福音書は、最初の1章で救い主はイエス キリストです。このイエスを見なさいと宣言して、2章からイエスの救い主としての生涯を語り始めます。

 そこできょうの箇所ですが、イエスガリラヤへ行こうとされます。その時フィリポに出会います。フィリポはイエスが行こうとされていたガリラヤにあるベトサイダ(湖の北側)の出身でした。イエスはフィリポに「わたしに従いなさい」と言われます。イエスは自分と共に生きるように招かれます。イエスと共に生きることこそ救いだからです。

 この1章には、イエスに招かれイエスを見て知った者たちが登場します。そして彼らは人をイエスの許に連れてきます。アンデレは兄弟のペトロを、そしてフィリポは友人のナタナエルをイエスの許に連れてきます。
 福音書は、イエスが救い主としての生涯を始めた直後から伝道が始まっていたことを伝えています。伝道の本質は、イエスとの出会いです。そして福音書自身も、この福音書を読むことを通してイエスと出会うことを願って書かれました。20章31節にはこう書かれています。「これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである」。

 教会はキリストと出会うための場所です。そして礼拝は、父・子・聖霊なる神と交わり、神を知る時なのです。教会がそのようなキリストと出会い、神を知るところとして用いられるように祈っていって頂きたいと思います。

 さてフィリポはナタナエルに言います。「わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ」。つまり「旧約が証ししている救い主に出会った。ナザレのイエスだ」とフィリポは言ったのです。するとナタナエルが答えます。「ナザレから何か良いものが出るだろうか」。ガリラヤの田舎ナザレから優れたものが出るのだろうか、という懐疑の言葉です。フィリポは言います。「来て、見なさい」。
 イエスを紹介することはできます。イエスの許に案内することもできます。しかし、信じるかどうかは一人ひとりが決断する事柄です。自分自身がイエスと出会って、イエスが誰なのか判断しなければなりません。

 ナタナエルがフィリポについて行くと、イエスはナタナエルを見て「見なさい。まことのイスラエル人だ。この人には偽りがない」と言われます。ナタナエルはほめられてうれしかったかもしれませんが、初めて会うのにイエスが以前から自分を知っているように言うのを不思議に思い、イエスに問います。「どうしてわたしを知っておられるのですか」。イエスは答えます。「わたしは、あなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」。
 ユダヤのいちじくの木は、日本のいちじくよりも大きくなるそうです。そしてその木陰は、憩いや瞑想、祈りの場に用いられるそうです。そして旧約では、いちじくの木陰は平和の表れとして用いられます(ミカ 4:4、ゼカリヤ 3:10)。このイエスの言葉は、ナタナエルがいちじくの木の下で祈り、神を求めていたことを表しています。イエスはナタナエルが求めていたもの、必要としていたものを知っていることを明らかにされました。
 それを聞いてナタナエルは言います。「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です」。イエスの言葉を聞いて、ナタナエルは「この方は自分を本当に知っておられる」と気づきました。
 信仰深かったナタナエルは、旧約の詩人の「主よ、あなたはわたしを究め、わたしを知っておられる」(詩編 139:1)という御言葉を思い出したかもしれません。ただ単に過去のことを言い当てたのではなく、ナタナエルの魂が求めているものをイエスは知っておられました。彼の上辺だけでなく彼の魂の底まで知っていてくださいました。だからナタナエルは、イエスに信仰を告白したのです。「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です」。

 するとイエスは言われます。「いちじくの木の下にあなたがいるのを見たと言ったので、信じるのか。もっと偉大なことをあなたは見ることになる」。「はっきり言っておく。天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる」。
 この言葉を聞いてナタナエルは創世記にあるヤコブの出来事を思い起こしたことでしょう。「ヤコブは・・ハランへ向かった。とある場所に来たとき、・・そこで一夜を過ごすことにした。・・すると彼は夢を見た。先端が天まで達する階段が地に向かって伸びており、しかも、神の御使いたちがそれを上ったり下ったたりしていた」(創世記 28:10~12)。
 イエスは、神の子である自分が人の子となって地上に来たことによって、天と地が結ばれ、神の国に至る道が開かれることを、明言されたのです。

 ここで面白いのは、ナタナエルはイエスに対して「神の子」と言い、イエスは自分のことを「人の子」と言っています。福音書は、イエスが神の子であり人の子であると確信しています。ヨハネによる福音書は、神が遣わしてくださった救い主イエス キリストは「真に神であり真に人である」という信仰に立っています。神学的な言い方では「二性一人格」と言います。イエス キリストの一人の人格に、神性と人性が存在していること、つまりイエス キリストは真に神であり、真に人である、ということです。ですから日本キリスト教会信仰の告白も「イエス・キリストは、真の神であり真の人です」と告白しています。

 これは人の思いを超えています。人の理性は、イエスは人なのか、神なのかと問います。しかし福音書は語ります。その人の思いを超えた神の救いの御業がなされた。来て、見なさい。イエス キリストを見よ。自分で見てみなさい。
 このヨハネによる福音書は紀元90〜100年頃に編纂されたと今日考えられています。イエスが十字架に掛かられたのが、紀元30年頃のことです。おそらく福音書の編者自身イエスを直接は知らないのです。しかし編者自身、伝えられた福音を聞いて、キリストと出会い、イエスを信じたのです。だから自分も、アンデレやフィリポのようにイエス キリストを伝えるのです。先に紹介したように「これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである」(20:31)と書いているのです。
 そして多くの人がこのヨハネによる福音書を始めとする聖書の言葉を通してイエス キリストと出会ったのです。イエス キリストが誰であるかを知って、信じたのです。
 この教会において、礼拝を通し、聖書を通して、イエス キリストとの出会いが起こりますように。キリストの「わたしに従いなさい」という声を聞いて、信じる者が起こされますように。福音書を書かずにはおれなかったこの編者と同じように、ここからキリストの証しがなされていきますように。


ハレルヤ


父なる神さま
 イエス キリストと出会わせてくださり、感謝します。わたしたちを救いへと招くイエス キリストの声を聞かせてくださり感謝します。どうかこれからもこの教会においてキリストとの出会いが起こり、キリストに従う者が多く起こされていきますように。
エス キリストの御名によって祈ります。 アーメン

 

聖句による黙想 47

ローマの信徒への手紙 15章 29節(聖書協会共同訳)


 その時には、キリストの祝福を溢れるほど携えて、あなたがたのところに行くことになると思います。


 神は命を祝福しておられる。
 創造の時、神は言われた。「神はそれらのものを祝福して言われた。『産めよ、増えよ、海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ。』」(創世記 1:22)
 イスラエルの祖アブラハムに対して神は言われた。「あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように。」(創世記 12:2)
 神の民は、神の祝福を運ぶ務めが与えられているのである。


ハレルヤ

 

聖句で辿る聖書 100

レビ記
13章 3節(聖書協会共同訳)


祭司がその皮膚の患部を調べて、その患部の毛が白く変わり、皮膚の下まで及んでいるなら、それは規定の病である。祭司はそれを確認したら、その人を汚れていると言い渡す。


 聖書の「汚れ」は、神の前にできることができない状態を表す。祭司は、衛生的な問題においても民が神の前に集えるように判断しなければならない。
 現代では、医学的な問題で牧師が判断することはないように思う。この箇所でも祭司は医療に携わるのではない。「汚れている」ことと「清い」ことを判断する。民が共に神の前に出られるように道を示すのが祭司の務めである。現代でも、牧師であれ司祭であれ聖職者の務めであろう。


ハレルヤ

 

ローマの信徒への手紙 8:5〜11

2019年2月10日(日)主日礼拝  
聖書箇所:ローマ 8:5〜11(新共同訳)


 霊と肉という対比がなされています。
 霊は、結び合わせる働きをします。きょうの箇所で「霊」は聖霊を表しています。聖霊は神ご自身とわたしたちとを結び合わせてくださいます。悪霊という言葉もあるように、神以外のものと結び合わせわたしたちを苦しめる働きをする霊もあります。
 聖書では、聖霊と言う以外にも神の霊、主の霊、キリストの霊などと言われることもあります。

 霊に対して肉という言葉が使われていますが、ここでは、神とのつながりがない状態を指して「肉」と言っています。
 「肉に従って歩む者は、肉に属することを考え」というのは、神とのつながりなしに生きる者は、この世に属することを求めることを表します。
 「霊に従って歩む者は、霊に属することを考え」というのは、神とのつながりを大切にして生きる者は、神との交わりの中で神の国に生きることを表します。

 神とのつながりのない肉の状態は、死へと向かっており、神とつながる霊を大切にする者は、神が与え給う命と平和に与ります。命は神から与えられるものであり、祝福も神とのよい関係、神との平和の中で与えられます。
 神とのつながりを軽んじる肉の状態にある者は、当然神の律法を軽んじますから神の律法に従うこと自体できません。神とのつながりを軽んじ、神とのつながりを持たない肉の状態にある者が、神に喜ばれることはありません。神とのつながりを大切にしない者は、神と共に生きるのではなく、神を利用しようとします。自分の願いをかなえるために、神を利用しようとします。利用しようとしかしない関係は喜びを生み出しません。

 神と共に歩み、救いに入れられるには、神とのつながりを生み出す聖霊が不可欠です。天の父がイエスの名によって遣わされる聖霊は、イエスが話したことを思い起こさせ、教えてくださいます(ヨハネ 14:26)。そしてイエスこそ主であるという信仰を与えてくださいます(1コリント 12:3)。

 この聖霊によって与えられる神とのつながり、神との交わりに生きることは、家族の関係に似ています。
 おそらくは、神とわたしたちの関係が家族の関係に似ているのではなく、神とわたしたちとの関係に基づいて家族という関係が与えられていると言うのが正しいのだろうと思います。つまり、神にかたどって人が創られているように、神との関係にかたどって家族の関係が与えられているのだろうと思います。この世で父と呼ばれる者たちは、天の父に倣って託されている者たちを治め、導き、愛していかなければならないのです。
 そして家族の関係に似ているということは、家族であるという事実はいつも変わらなくても、そこで言葉を交わし、共に生きる関係が日々育まれているか否かによって、家族の内実は大きく違ってきます。丁度、同じく礼拝に出ていても、御言葉を蓄え、祈る人と、そうでない人とでは信仰に違いが出てくるのと同じです。
 そこに命ある関係が築かれるには、日々の営みが大切です。共に生きることを通して、命が養われ愛が育まれていかねばなりません。神との関係においては、聖書という御言葉の糧に養われて、祈りという交わりの内に神と共に生きることを積み重ねていくのです。

 気をつけて頂きたいのは、信仰を持つ人は大抵いい人ですが、いい人は自分の善意が神の思いと一致すると勘違いしがちです。自分の善意すなわち神の御心ではありません。わたしたちは罪人ですから、善意でさえも神の御心から離れていくことを知っていなくてはなりません。聖書から聞きつつ、繰り返し神へと立ち帰らねばなりません。
 また、「うちではこんなときこういう風に対処します」と善意から教会にこの世の仕事で行われている方法を取り入れようとする人もいますが、それも違います。教会はキリストを主として歩むために長い間、罪と戦いながら歩みを積み重ねてきました。その教会の実践を軽んじて善意からでも、良かれと思ってであっても、この世の方法つまり「肉に属するもの」を選んでしまうと、教会は崩れていきます。

 神とのつながりのない肉であるのではなく、聖霊を求め、聖霊の導きを求め、霊的であることを求めていくことが大事です。わたしたちが霊的であるために、神がは礼拝、祈り、讃美、御言葉、献げること、仕えること、愛することを与えてくださっているのです。そしてそれが正しく行われているかどうかを検証していくのが、神学なのです。わたしたちの教会が神学を重んずるのは、わたしたちが聖霊に導かれて、神との交わりの中に生きるためなのです。すべては、霊的であるため、そして神の愛と祝福に満たされるためになされているのです。

 わたしたちは、聖霊に従って歩むことを、聖霊に属することを求めなければなりません。聖霊こそがわたしたちを神との交わりに生かし、救いに与らせ、命と平和へと導いてくださいます。
 聖霊は、わたしたちの内にキリストを住まわせてくださいます。キリストの復活の命、永遠の命に与らせてくださいます。「霊は義によって命となっています」。聖霊なる神が、父なる神・子なる神キリストとの関係を正しい義なるものとしてくださり、命をもたらしてくださるのです。
 「もし、イエスを死者の中から復活させた方の霊が、あなたがたの内に宿っているなら、キリストを死者の中から復活させた方は、あなたがたの内に宿っているその霊によって、あなたがたの死ぬはずの体をも生かしてくださるでしょう」。

 人は、神が命の息を吹き入れて生きる者となりました(創世記 2:7)。罪がもたらす死を超えて生きるためには、聖霊を受けてキリストの命に与るのです。世の始めに命を与えられたように、神に贖われ、赦され、祝福されて新たな命に生きるのです。わたしたちの本当の命は、父・子・聖霊なる神との交わりの中にあるのです。
 神は求める者に聖霊を与えてくださいます(ルカ 11:13)。祈りつつ、聖霊に満たされて、信仰から信仰へ、命から命へと歩んでまいりましょう。

ハレルヤ


父なる神さま
 わたしたちを聖霊で満たしてください。あなたとの交わりの平和、命を味わい喜ぶ者としてください。あなたの救いが復活に至ることを望み見、希望に満ちた確信をお与えください。
エス キリストの御名によって祈ります。 アーメン

 

聖書通読のために 88

マタイによる福音書 10章 24~25節(聖書協会共同訳)


 「弟子は師のように、僕は主人のようになれば、それで十分」と言われる。具体的には「家の主人がベルゼブルと言われるなら、その家族の者はなおさら悪く言われる」と、キリストに従っていくとき、そこに苦難があることが示される。
 聖書はキリスト者を「キリストと共に苦しむなら、共に栄光をも受ける」「キリストと共同の相続人」(ローマ 8:17)と呼んでいる。
 わたしたちは苦しみを求めはしないが、神の御心には、わたしたちがキリストと共同の相続人となり、キリストのようになり、栄光に至ることが計画されている。
 神が「試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださる」(1コリント 10:13)ことを信じて、「試みに遭わせず、悪からお救いください」(マタイ 6:13)と祈りつつ歩んでいこう。


喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

 

聖句による黙想 46

テトスへの手紙 2章 11節(聖書協会共同訳)


 実に、救いをもたらす神の恵みはすべての人に現されました。


 救いをもたらす神の恵みとは、イエス キリストのこと。
 神はアブラハムに「地上のすべての氏族はあなたによって祝福される(創世記 12:3)という約束を与えられた。その約束がイエス キリストにおいて成就した。
 イエス キリストはすべての人の救い主。すべての人がイエス キリストを信じることができる。そして、すべての人がイエス キリストに望みを置くことができるのである。


ハレルヤ

 

聖句で辿る聖書 99

レビ記
11章 8節(聖書協会共同訳)


これらの肉を食べてはならない。死骸に触れてはならない。これらはあなたがたには汚れたものである。


 小見出しには「食物の規定」とある。イスラエルには神の言葉によって食べるのを禁じられているものがあった。よく知られているのは「ぶた」である。
 毒はない。美味しい。けれども神の言葉によって食べるのを禁じられている。今日、絶滅を危惧されている生き物が多くある。神から「治めよ」(創世記 1:28)と世界を託された者は、神の「良しとされた」(創世記 1:25)世界を治めるために、食べられるけれど食べないという信仰のあり方があるのではないかと思う。


ハレルヤ