読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

聖書通読のために 42

聖書通読

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 5:48(新共同訳)

 「あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい」
 この言葉を聞いて、完全な者を目指そうとすると大抵律法主義に陥る。自分で完全の基準を考え、自己点検を始めるからである。
 律法主義から解放されるためには、自己点検を止め、他人との比較を止めること。キリストを仰ぎ、神に思いを向けることである。
 聖書はこう告げている。「すべての人がキリストに結ばれて完全な者となるように」(コロサイ 1:28)また「神御自身が、しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者とし」(1ペトロ 5:10)
 神ご自身が完全な者としてくださるので、神の御業に自分を委ねていく。すなわち、救い主キリストを信じ、キリストに結ばれて完全な者とされていくのである。
 イエスご自身はこう言われた。「もし完全になりたいのなら、行って持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」(マタイ 19:21)富(自分の所有しているもの)に依り頼むのではなく、イエスに依り頼み、イエスに従って生きる。
 パウロも「なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることです」(フィリピ 3:13, 14)と語っている。


喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

 

広告を非表示にする

神学入門 15

神学

神学 組織神学01

組織神学とは?

 組織神学、英語ではsystematic theologyと言う。
 聖書の語っていることを体系的に(systematic)に論述しようとするのが、組織神学である。
 一般的には、組織神学は3分野あると言われる。第一に教義学。第二に弁証学。第三に倫理学である。
 
 けれど、私見を述べるならば、第一は、教義学だけではなく、教理史、信条学、教義学をセットにして学ぶとよいと思う。

 教理史は、教理の歴史を扱う。教理(英語 doctrine)とは、聖書の要約である。聖書は、辞典のような記述をしない。神がそのような記述を選ばれなかった。多くは物語の形であり、祈り・讃美である。その聖書が、神はどのようなお方だと言っているか、キリストを誰だと言っているかになどについて聖書を要約して語るのが、教理である。
 この教理は、信条、信仰告白としてまとめられた。わたしの理解では、古代のものを信条、宗教改革以後のものを信仰告白と呼んでいるように思う。

 信条学は、教理自身を扱う。それは、信条(英語 creed)、信仰告白(英語 confession)の内容自体を学ぶことによってなされる。教理問答(カテキズム 英語 catechism)も信条・信仰告白に含まれる。

 教義学(英語 Dogmatic theology)は、聖書の主張を、現代の状況の中での意味を踏まえ、現代の思想と対話もしつつ、主題別に論述する。教理史、信条学が過去に意識が向くのに対して、教義学は今現在に意識を向ける。その主題は、啓示、神、創造、罪、キリスト、教会、終末などなど。

 弁証学(英語 apologetics)は、キリスト教に対する批判、異端、他宗教、世俗化、無神論に対して、聖書の使信を語ろうとするものである。

 倫理学(英語 Christian ethics)は、キリスト者としてどう生きるのかを考える。殉教、自殺、中絶、戦争などの主題が扱われる。

 以上の科目によるアプローチによって、聖書の語っていることを体系的に(systematic)に論述しようとするのが、組織神学である。

主は生きておられる(エレミヤ 4:2 新共同訳)

 

広告を非表示にする

教理による黙想の手引き 23

教理

教理による黙想の手引き 第23回
日本キリスト教会発行 福音時報 2016年11月号掲載
 掲載時のコーナータイトルは「教理を学ぶ - 説教で聞く教理 -」)

 

「信徒の訓練」

「わたしの子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。」
(ヘブル人への手紙 12章5節 口語訳)

 主から委託された教会の務めに信徒の訓練があります。
 上掲の聖句は、主ご自身の訓練を述べているのであって、教会がなす訓練ではありません。主ご自身の訓練は、主の導きによる人生そのものが訓練です。
 では、主から委託され教会がなす訓練とは何でしょうか。

 実際に教会でなされている訓練は、各会(壮年会、婦人会、青年会など)での学びと交わり。教会全体でなされる修養会。それぞれが賜物に応じて担う教会の役割(長老、執事、日曜学校教師、奏楽、受付等々)のように教会の活動を通して行われています。

 では、教会が行う信徒の訓練は、何を目指しているのでしょうか。
 それは、主に従い、救いの御業に仕えるキリストの弟子を育てることを目指しているのです(マタイ 28:19)。

 主に従うためには、主の御心、主の考え方を知らねばなりません。そのためには、神の言葉である聖書を学び、教理を学ばなくてはなりません。「主よ、お語りください。主よ、お示しください」と祈りつつ学ばねばなりません。

 救いの御業に仕えるためには、「主よ、お用いください」と自分自身を主に献げていかねばなりません。そのとき、自分は伝道は苦手だからと、伝道を脇に置くのではなく、主の宣教命令の御言葉に応えて、第一に伝道のために「主よ、お用いください」と祈っていきます。
 次に、多くの人が神に出会うことができるように、教会形成のために「主よ、お用いください」と祈ります。
 そして、神が創り祝福してくださった自分自身のすべてを「主よ、お用いください」と祈ります。家族に、友人・知人・隣人に、自分を通して、神の栄光が現されるように、わたしも「祝福の基(源)」(創世記 12:2)とされるように、「主よ、お用いください」と祈ります。

 つまり、御言葉を学びつつ、献身の祈りをささげつつ、実践していくのです。

 主ご自身の訓練は、御心により、一人ひとりに用意され、人生の導きとなっていきます。
 それに対して教会の訓練は、一人ひとりに合わせてなされるわけではありません。そうであっても、教会の訓練も主と共に生きるキリストの弟子の育成を目指しているので、主がその人をどのように導いておられるかを無視して行われてはなりません。主の「すべての訓練は・・後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる」(ヘブル 12:11)からです。

 教会の訓練においては、主にあってその人を理解しようとすること、つまり、牧会が必要なのです。共に主の御前に立ち、共に主に従い仕えることを願い、主にある慰めと励ましを共有しつつなされるのです。主に従って共に歩み、主の恵みと平安に共に与る。それが教会の訓練なのです。

 学びと祈りと実践。そして、それを取り囲む牧会。その中で、信仰の目が開かれ、今も生きて働かれる主の御業を見るのです。「見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」(マタイ 28:20)と言われたキリストの臨在を見るのです。そして、神の国の到来と完成に向けて前進する神の御業に仕えて生きるのです。

ハレルヤ

 

聖句で辿る聖書 28

聖句で辿る聖書

創世記
27章 27節(新共同訳)

ヤコブが近寄って口づけをすると、イサクは、ヤコブの着物の匂いをかいで、祝福して言った。


 わたしも人生の終わりに祝福をしたい。

 

広告を非表示にする

ローマ人への手紙 1:24〜32

ローマ人への手紙

2017年3月19日(日)主日礼拝
聖書箇所:ローマ人への手紙 1:24〜32(口語訳)

 

 この箇所で一番注目を引くのは、同性愛に関する記述であろうと思います。おそらく長い間教会が同性愛を禁止事項としてきたことの根拠となった聖句の一つであろうと思います。しかし、この箇所は今日一般的に認識されている同性愛について論じている箇所ではありません。

 24節の冒頭に「ゆえに」とあります。これは前段からのつながりを表しています。前段で言われていたのは、偶像礼拝の問題で、神というものを知りながら、神にふさわしく崇めず、感謝もしない。自分の利益や願望の実現のために神を利用しようとする自己中心的な信仰に対する批判が述べられていました。そして、そのような罪に対する神の怒りを伝えようとしています。18節で「神の怒りは、不義をもって真理をはばもうとする人間のあらゆる不信心と不義とに対して、天から啓示される」と書かれています。パウロは、これを伝えるために書き進めています。
 ですから、問題の中心は21節の「神を知っていながら、神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなった」ということであり、神が中心ではなく、自分が中心であるということなのです。

 そこで同性愛の問題ですが、ここは今日人権の問題として取り上げられる性的少数者LGBTとかGLBTと言われる生まれながらの性的少数者の問題ではなく、自分の快楽・娯楽の追求として行われる性行為を問題としているのです。
 この類いの問題はパウロの手紙には何回か出てきます。先週の祈り会で読みました1コリント 5:1では「あなたがたの間に不品行な者があり、しかもその不品行は、異邦人の間にもないほどのもので、ある人がその父の妻と一緒に住んでいるということである」と書かれています。明らかに生まれながらの性的指向の問題ではありません。
 強大なローマ帝国がもたらした平和の中で、楽しみ、刺激を求めていく。そんな中で起こっている出来事として同性愛が取り上げられているのです。
 29〜31節に挙げられているように、自分中心の偶像礼拝から多くの問題が生じています。その中で、同性愛が特に取り上げられているのには理由があると思います。26節に「自然の関係を不自然なものに代え」とあります。自然は、神が与えてくださった命の秩序を表します。人が罪の中で手にした自由は、その自然を不自然なものに代えてしまいます。このときに出てくる言葉が「わたしの自由」であり、「他人に迷惑はかけていない」です。自分の楽しみであり、相手も同意して楽しみを共有してくれている。誰かを傷つけたり、奪ったりしていない。他人からいろいろ言われる筋合いはない。これは聖書の考え方とは違います。だから、神と関係なく、自分を楽しませる問題として、特に同性愛が取り上げられているのではないかと思います。
 聖書が告げるのは「わたしの自由」ではなく、「飲むにも食べるにも、また何事をするにも、すべて神の栄光のためにすべきである」(1コリント 10:31)です。聖書の基準は、他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいではなく、神の栄光が表されるかどうかなのです。
 この点をきちんと確認した上で、この箇所は読んでいかなくてはならないと思います。この箇所におけるパウロの論述の基本にあるのは、25節の「創造者こそ永遠にほむべきものである、アァメン」という信仰です。

 さて、この箇所のパウロの論述で特徴的なのは「任せられた」という表現です。24節「神は、彼らが心の欲情にかられ、自分のからだを互にはずかしめて、汚すままに任せられた」26節「神は彼らを恥ずべき情欲に任せられた」28節「彼らは神を認めることを正しいとしなかったので、神は彼らを正しからぬ思いにわたし、なすべからざる事をなすに任せられた」3回「神は・・任せられた」という表現が出てきます。
 これは、人が神というものを知りながら、神を自分の願いを叶えるための僕にしてしまっている。神はその愚かしさに気づかせるために彼らの欲情(24節)、正しからぬ思い(28節)に彼らを任せ、その報いを身に受けさせるようにされた、ということです。
 このような表現は旧約にも出てきます。詩篇 81:11〜13にはこうあります。「わが民はわたしの声に聞き従わず、イスラエルはわたしを好まなかった。それゆえ、わたしは彼らを/そのかたくなな心にまかせ、その思いのままに行くにまかせた。わたしはわが民のわたしに聞き従い、イスラエルのわが道に歩むことを欲する」
 わたしたちは神に立ち帰り、自分の願いからさえも自由になる必要があるのです。自分が何を欲しているかをきちんと理解することは大事なことです。しかし、自分の願いが叶っていれば幸せになれるのではありません。わたしたちの命を創り、責任を持ってくださる神が、わたしたちの幸せを願い、救いの御業を成し続けていてくださいます。神の御心のなるところに、わたしたちの救いがあり、幸いがあるのです。ですからイエスはこのように祈りなさいと言って主の祈りを教えてくださいました。「みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように」(マタイ 6:10)

 神が「彼らを正しからぬ思いにわたし、なすべからざる事をなすに任せられ」るとき、29〜31節に列挙されている悪徳が世に満ちてくるのです。「あらゆる不義と悪と貪欲と悪意とにあふれ、ねたみと殺意と争いと詐欺と悪念とに満ち、また、ざん言する者、そしる者、神を憎む者、不遜な者、高慢な者、大言壮語する者、悪事をたくらむ者、親に逆らう者となり、無知、不誠実、無情、無慈悲な者となっている」ここでは、パウロが見た、神と共に生きようとしない世界の問題を挙げています。
 今、わたしたちは比較的平和な社会に生きているので、パウロが挙げたこれらのことが少し強烈に感じられるかもしれません。しかし、わたしたちは気づいていなくてはなりません。平和と言われる日本の社会においても、振り込め詐欺、高齢者詐欺と言われることが頻発しており、毎日のニュースでは殺人や紛争、テロのニュースがなくなることなく、若者から大人までいじめや差別に苦しんでいる人々が数多くいるということを。
 わたしたちは罪の世で生きているのです。そしてパウロが列挙する悪徳の満ちてくる世にあって「平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう」(マタイ 5:9)というイエスの勧めを受けているのです。

 パウロは言います。「彼らは、こうした事を行う者どもが死に価するという神の定めをよく知りながら、自らそれを行うばかりではなく、それを行う者どもを是認さえしている」(32節)
 日本でも昔から「お天道様に恥じないように生きなさい」と言われ、「情けは人のためならず」と言われます。「罰が当たる」という言葉もあります。正しい生き方へと導こうとする知恵ある言葉は、聖書の外にも日本にもあります。しかし、この世の知恵ある言葉はイエス キリストへと導くことはありません。パウロがここで言っている神を神として崇め、感謝へと至らせ、神と共に、また神に従って生きる信仰に至らせることも残念ながらありません。

 パウロは知っています。イエス キリストの十字架と復活に依らなければ、罪から解放されず、自分自身からも解放されないことを。罪がもたらす死と滅びから解放されないことを。そして、あらゆる不信心と不義とに対して天から啓示される、神の怒りから(18節)逃れられないことをパウロは知っています。
 だからこそパウロは、神の福音であるイエス キリストをすべての人に宣べ伝えたいと願っているのです。神の怒りを受けるのではなく、神の祝福に与るように。罪に任せてしまわれるのではなく、救いの御業に与り幸いを得ることができるように。そのためにパウロも教会も、本当の救い主、本物の救い主、イエス キリストを宣べ伝え続けているのです。
 そして神は今も、神の幸いと平和に生きるようにと、わたしたちに語りかけ、招いていてくださるのです。

ハレルヤ

 

聖書通読のために 41

聖書通読

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 5:43〜47(新共同訳)

 「愛するとは、どういうことか」ということについて考えるきっかけとなった箇所。
 聖書における愛とは「共に生きようとする意思」だと考えるに至った。好き嫌いの感情ではない。神はわたしたち罪人を愛していてくださる。つまり、共に生きようと願っておられる。そのために救いの御業をなされる。それをヨハネ 3:16は「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」と言い表している。
 救いの御業の前進を祈るとき、敵や迫害する者が裁かれ、罪が滅ぼされ、義が立てられていくことを祈ることもある。「神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられ」(1テモテ 2:4)「悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせて」おられるのだから、すべての人は神に裁かれ、救われる必要がある。
 マザー・テレサの言葉に似ているが、愛の対義語は「無関係」だと思う。その人が滅んでもわたしには関係が無い、と言うとき、そこに愛はない。しかし、罪が裁かれ滅ぼされて、救いがなされることを祈るとき、そこに愛はある。
 夫婦、親子、友人、隣人、仲間、郷土、国、世界・・ 共に生きる関係のあるところには、神が与えてくださる愛が必要である。それを心に留めてわたしたちは祈っていくのである。


喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

 

広告を非表示にする

神学入門 14

神学

神学 聖書学11

正典04

 わたしは「聖書は神の言である」と信じ、聖書を神学の基盤としているので、自分を聖書の上に立てて聖句を選別するのをよしとしない。
 そうするのであれば、キリスト者である必要はないのではないか、と思う。自分の理性、良識に合う言葉を選別するのであれば、聖書だけでなく、他宗教の聖典でもいいし、孔子ガンジー宮沢賢治などの優れた先人の言葉でもいいだろうと思う。
 神に従う、と言いながら、神≒自分の理性・良識としてしまうのは、自分を神とする偶像礼拝ではないのか、と思う。

 昔、フェミニズムによる聖書注解というような本が出た。書店で、前回記したテモテへの手紙 一 2:12〜3:1の箇所を開いてみた。確かそこには「もはやここから聞くことはない」と書かれていたように思う。わたしは本を棚に戻した。
 ものみの塔エホバの証人)と呼ばれるキリスト教の異端がある。その人たちと話をしたときに、「でも、聖書にはこうも書いてありますよ」と言うと、「そこはいいんです」と言われた。「あぁ、この人たちは、自分たちの考えに都合のいい箇所だけ読もうとしているのか」と思った。彼らが使う『新世界訳』聖書を読むと、新約にはない「エホバ」という言葉が、新約の中にたくさん出てくる。ギリシャ語底本にはない言葉を翻訳で勝手に挿入している。彼らはこれを適切な行為だと言う。わたしは、これを聖書の改ざんと考える。『新世界訳』は聖書ではない。彼らは、自分たちの考えを聖書の上に置いている。なるほど、異端となるわけだと思った。

 わたしが所属する日本キリスト教会は、改革派教会の伝統に立つ教会である。改革派教会の旗印は「御言葉によって改革され続ける教会」である。しかし、時折「神学者の言葉によって改革される教会」なのか、と思えるような発言を聞くことがある。どんなに優れた信仰の先輩、ジャン カルヴァンであろうと、カール バルトであろうと、わたしたちの信仰の基盤とはなり得ない。優れた先達の言葉を手がかりにするときにも、聖書にまで遡って根拠を示し、神の言によって導かれ、新たにされていかなければならない。

主は生きておられる(エレミヤ 4:2 新共同訳)

 

広告を非表示にする