読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

聖句で辿る聖書 36

聖句で辿る聖書

創世記
40章 8節(新共同訳)

「我々は夢を見たのだが、それを解き明かしてくれる人がいない」と二人は答えた。ヨセフは、「解き明かしは神がなさることではありませんか。どうかわたしに話してみてください」と言った。


 解き明かしは神がなさる。

 

広告を非表示にする

聖書通読のために 46

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 6:9(新共同訳)

 主の祈りその2。
 「天におられるわたしたちの父よ」
 イエスは、神を父と呼ぶように示された。神とわたしたちとの関係は、父と子である。親子の関係は命のつながりである。わたしたちの命の源は、神である。わたしが存在している、生きている、その根源は神である。決して失われることのない絆である。
 神のひとり子であるイエス キリストが救い主となってくださったので、キリストにつながれ結ばれたわたしたちは、神の子とされた。「あなたがたは皆、信仰により、キリスト・イエスに結ばれて神の子なのです。」(ガラテヤ 3:26)
 わたしたちが何歳であろうと、すべての人に命の源である神がおられる。罪人であるわたしたちを愛し、救ってくださる父なる神がおられる。何という幸い。これは大きな慰めであり、希望である。

 近年、フェミニズムの影響で「父なる神」ではなく「親なる神」「父母なる神」と呼ぶ方が良いという意見を聞く。わたしは、聖書によって神を示され、イエス キリストを救い主であると信じている。聖書が神を父として示しており、主の祈りに導かれてわたしは神を父と呼んでいる。「主よ、あなたはわたしたちの父です」(イザヤ 63:16)

喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

 

広告を非表示にする

神学入門 20

神学 まとめ01

 この神学入門を書いたのは、伝道したいという思いを抱いている信徒の皆さん、伝道のために学びたいと考えている皆さんに、あるいは子どもたちに聖書の話をされる皆さんに、神学の全体像を知ることができるように、と願ってのことです。

 わたしは、聖書の話をして、父・子・聖霊なる神を証ししよう、宣べ伝えようとするとき、神学が必要だと考えています。

 それは、聖書を読むとき、読む人の解釈があり、聖書の話をするとき、語る人の解釈があるからです。
 その解釈が独りよがりの勝手な解釈とならないために神学をするのです。神の御心と全く違う理解に陥らないように神学をするのです。

 荒れ野の誘惑で悪魔は、聖書の言葉を使って誘惑しました(マタイ4:1-11, ルカ4:1-13)。神の言葉、神の戒めを教えていた律法学者やファリサイ派の人たちは、イエスから「偽善者」と言われました。
 「聖書にはこう書いてあります」といって聖書を引用しているから神の御心に適う正しいことを言っているわけではありません。かつてアメリカに奴隷制があった頃、奴隷制を支持する牧師たちは、聖書を根拠にして黒人が奴隷であることは神の御心だと語ったと聞きました。

 聖書を読めば神の御心が正しく理解できるほど、わたしたちは清くはないのです。わたしたちには、神を理解できない罪があるのです。イエスがご自身の十字架と復活を語られたとき、ペトロは理解できず受け入れられませんでした。イエスはペトロに言われました。「サタン、引き下がれ。あなたは神のことを思わず、人間のことを思っている」(マルコ8:33)ペトロはイエスに「あなたは、メシアです」と告白する者、イエスを信じる者です。それでも、神の御心を受け入れられない罪を抱えているのです。
 ですから、わたしたちは神の前に身を低くし、「主よ、御心をお示しください」と祈りつつ、神学をする必要があるのです。

 もちろん、神学が人を救うのではありません。イエス キリストが救い主であり、神が救ってくださるのです。神学は、神の言葉である聖書を理解し、神に従って歩むために仕えるものです。
 ですから、本来神学は牧師や神学者のためのものではありません。神学に関わるレベルは人によって違いますが、神学は全信徒、全教会のためのものです。父・子・聖霊なる神との交わりに生きるためのものであり、神との交わりを喜び讃えるためのものなのです。

 この神学入門は、神を伝えたい、福音を宣べ伝えたいと願っているキリスト者一人ひとりの手助けとなることを願って書いたものです。


主は生きておられる(エレミヤ 4:2 新共同訳)

 

広告を非表示にする

聖句で辿る聖書 35

聖句で辿る聖書

創世記
39章 19〜21節(新共同訳)

主人は怒り、
ヨセフを捕らえて、王の囚人をつなぐ監獄に入れた。ヨセフはこうして、監獄にいた。
しかし、主がヨセフと共におられ、恵みを施し、・・


 神が共にいてくださり、顧みていてくださるか疑わしい現実がある。しかし聖書は、主が共におられることをわたしたちに告げる。

 

広告を非表示にする

ローマ人への手紙 2:1〜5

2017年4月23日(日)主日礼拝
聖書箇所:ローマ人への手紙 2:1〜5(口語訳)

 

 受難節、復活節があったので、少し久しぶりのローマ人への手紙です。

 パウロは、まだ行ったことがない、けれどいつか行きたいと願っているローマの教会に宛てて手紙を書きました。
 パウロはこの手紙で「救い」ということについて伝えようとしています。救いとは、キリストによる救い。キリストによって罪から救われ、神と共に生きられるようにされることです。
 そこには、罪を知ること、悔い改めることが必要になってきます。
 マルコによる福音書も、救い主として活動を始められたイエスを、こう記しました。「イエスは・・神の国の福音を宣べ伝えて言われた『時は満ちた。神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ』」(1:14,15)

 悔い改めとは、神に立ち帰ることです。落ち込んで反省することではありません。預言者エレミヤは語りました。「主は言われる、背信の子らよ、帰れ」(エレミヤ 3:14)神はわたしたちが神に立ち帰ることを願い、「わたしの許に帰ってきなさい」と招いておられます。
 だから、礼拝は神の招きの言葉で始まるのです。神がわたしたちを招いていてくださるので、わたしたちは神の御前へと立ち帰るのです。救いには、罪を知って悔い改めることが必要なのです。

 パウロは 1:18 から、すべての人は神を知りながら、神を神としてあがめず、感謝もせず(1:21)、神に従って生きようともしていないということを示しました。そのことについては「弁解の余地がない」(1:20)とはっきり言っています。
 そしてきょうの箇所 2:1 でも「弁解の余地がない」と言っています。2:1 では「人を裁く者」に弁解の余地がないと言っています。
 それは、裁く者は、人が生きていくには規範が必要であることを自ら証ししているからです。裁くという行為には、基準・規範が必要です。裁くという行為は、生きていくときに、ばらばらに好き勝手に生きるのではなく、共に規範を守る必要があることを明らかにします。
 では、誰の規範に従うのでしょうか。力ある者が、自分に都合のよい規範を作り出し、それに従うのでしょうか。この世は、遙か昔から今に至るまで、武力や経済力、人数の力によって規範を定め、人を従わせてきました。戦争や紛争が、昔から今に至るまでなくならないことが、この世の規範、秩序が力によって立てられてきたことを証ししています。

 しかしパウロは、神の規範、神の言葉に従うべきであると考えています。なぜなら、人は神によって創られ、神と共に生きるようにと神にかたどって創られたものだからです。
 すべての人は、神を知っています。聖書が証しする神を知らない人は、神を知らないのかというとそうではありません。この世には数え切れないくらい様々な神々、偶像が存在します。けれど、それらの神々を知る人は、神を神としてあがめ、神に従うのではないのです。神を僕とし、自分の願いを神に叶えさせるために様々な偶像を作り出し、自分の願いの実現のために神を祭り儀式を行っているのです。
 だから「弁解の余地がない」とパウロは言うのです。神を知らないから、神と共に生きていないのではありません。自分に都合よく生きるために、神々を作り出しているのです。神に立ち帰ろうとせず、自分の罪、自分の善悪に留まっているのです。そして力ある者は、自分に都合のよい規範を作り出し、他の人々を支配し裁いています。パウロはこの手紙の中で「義人はいない、ひとりもいない」(3:10)と書いています。
 こういうわけで、パウロは、すべての人が神の裁きのもとにあることを知っています。2節「わたしたちは、神の裁きがこのようなことを行う者どもの上に正しくくだることを知っている」

 神に従わず、自分の規範を立てる者は、その規範が善意によるものであっても、あなたが正しいのか、わたしが正しいのかという対立と争いをもたらします。今、世にある対立も大義名分としてはこの「正しさ」の争いです。アメリカの正義か、中国の正義か、あるいはロシアの正義か、それともアラブの正義か・・それは終わりのない戦いです。
 わたしたちは終わりのない戦いの世界に生きているのです。終わりなき戦いの世界に生きるわたしたちに、神は語りかけます。「平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう」(マタイ 5:9)「神はキリストにおいて世をご自分に和解させ、その罪過の責任をこれに負わせることをしないで、わたしたちに和解の福音をゆだねられたのである。神がわたしたちをとおして勧めをなさるのであるから、わたしたちはキリストの使者なのである。そこで、キリストに代って願う、神の和解を受けなさい」(2コリント 5:19,20)
 神は、終わりなき戦いの世界を造り替える言葉を語りかけ、わたしたちにその神の言葉を委ねられました。わたしたちは、わたしたち自身を新しくし、この目に見える世界のすべてを新しくする神の言葉を今聞いているのです。

 パウロは、自分の善意の正しさ、自分の規範の正しさを主張するすべての人に対して語ります。「あなたは神の裁きを逃れうると思うのか」(3節)
 裁きのただ中にあるわたしたちに対して、神ご自身が救いの道を備え、招かれることをパウロは知っています。神の慈愛が、わたしたちを悔い改めに導くのです。
 わたしたちが悔い改めへと進むことができるのは、そこに未来を見出すことができるからです。そのよい例が、放蕩息子の譬えです(ルカ 15:11〜24)。放蕩に身を持ち崩し、豚のえさで腹を満たしたいとさえ思います。彼は本心に立ち帰り決心します。「立って、父のところへ帰ってこう言おう、父よ、わたしは・・罪を犯しました。」放蕩息子は父の許に未来を見出し、父の愛と赦しを信じて帰るのです。

 神は「ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられる」(2ペテロ 3:9)のです。パウロは、この神の慈愛と忍耐と寛容の富を軽んじてはならない(4節)、と呼びかけます。神は裁きを行わずに罪を大目に見られるのではありません。終わることのない争いの世に終止符を打つため、御子を遣わしてまで裁きを行われます。悔い改めのないところでは、神の怒りを自分の身に積み続けているのです。

 わたしたちが、神の裁きを逃れ、救いに至るためには、道はただ一つなのです。悔い改めて、キリストの救いに与り、神の義に生きることです。自分の正しさ、人間の正しさではなく、神の正しさによって生きることです。
 神は、ひとり子イエス キリストを遣わし、その命をかけて、神の義・神の正しさを成し遂げてくださいました。そして今、その救いにわたしたちを、すべての人を招いておられます。どうか、この地に住む一人ひとりが、世界のすべての人が、神の慈愛と忍耐と寛容の富に与ることができますように。

ハレルヤ

 

聖句で辿る聖書 34

創世記
37章 11節(新共同訳)

兄たちはヨセフをねたんだが、父はこのことを心に留めた。


 参照:ルカによる福音書 2:18,19
「聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。」
 神の導きを思って、心に留めること、思い巡らすこと、そして祈ることは大切だと思う。

 

広告を非表示にする

聖書通読のために 45

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 6:9(新共同訳)

 主の祈りその1。
 イエスは祈りを教えてくださった。このおかげで「わたしは御心にかなう祈りを献げているだろうか」という不安から解放され、安心して祈ることができる。主の祈りから、わたしたちが祈り求めるべきものを教えて頂く。
 これは主の祈りしか祈ってはいけないということではない。主の祈りに支えられ守られながら、祈りという神との交わりに生きるのである。
 わたしたちの救い主として、真の人となってくださったイエスは、祈るべき祈りをわたしたちに先だって祈り、またわたしたちと共に祈っていてくださる。主の祈りによって、わたしたちはイエスと共に祈りつつ歩ませて頂いているのである。

喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

 

広告を非表示にする