聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

詩編 134:1〜3

2020年7月8日(水) 祈り会聖書:詩編 134:1〜3(新共同訳) 詩編は、旧約の民イスラエルの祈りです。神への讃美、感謝、信仰の告白、悔い改め、願いがなされています。 詩編は神が語りかけた言葉ではありません。民が神に語りかけ、祈った言葉です。神は、…

聖句による黙想 55

申命記 4章(聖書協会共同訳) 34節あなたがたの神、主がエジプトで、あなたの目の前でなさったように、さまざまな試み、しるしや奇跡を行い、戦い、力強い手と伸ばした腕、大いなる恐るべき業を示し、諸国民の中から一つの国民をご自身で選び出された神があ…

聖句で辿る聖書 112

レビ記 20章 26節(聖書協会共同訳) 主である私が聖なる者であるから、あなたがたも私にとって聖なる者となりなさい。あなたがたを私のものとするために、私はあなたがたを他の民から区別した。 聖とする、聖(きよ)めるとは、神とものとして取り分ける、…

ヨハネによる福音書 5:22〜25

2020年7月5日(日) 主日礼拝 聖書:ヨハネによる福音書 5:22〜25(新共同訳) イエスは、弟子たちだけでなく、自分を殺そうと狙っているユダヤ人たちにも語ります。 イエスが安息日について「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くの…

西日本地域教会会議(近畿中会)、開会礼拝祈り

7/1(水)新型コロナウイルスの影響で、2度延期された西日本の地域教会会議(近畿中会)が行われた。当初二日間だった日程も、一日だけになった。 開会礼拝の司式の担当だったので、祈りを献げた。 以下にその祈りを記す。 父なる神様 わたしたちは今、あな…

ローマの信徒への手紙 11:6〜10

2020年6月28日(日)主日礼拝 聖書:ローマの信徒への手紙 11:6~10(新共同訳) 人は意味を求める存在です。自分という存在に意味がないことに耐えられません。自分の行い、仕事、務めによい意味があること、そして自分の存在に意味があり価値があることを…

聖句による黙想 54

エレミヤ書 7章 23節(聖書協会共同訳) 私はこのことを彼らに命じた。「私の声に聞き従え。 そうすれば、 私はあなたがたの神となり、あなたがたは私の民となる。 あなたがたが幸いを得るために、 私が命じるすべての道を歩め」と。 神と共に生きるところに…

祈り会でのローマの信徒への手紙は終了です

昨年5月、池田教会に赴任しました。前の教会からの続きで説教を始めました。ローマの信徒への手紙は 8:18 から説教をしました。1:1 ~ 8:17 も聞きたいとの希望があったので、祈り会でそれを行ってきました。6/24で 8:17 まで語ったので、祈り会でのローマの…

ローマの信徒への手紙 8:15〜17

2020年6月24日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 8:15〜17(新共同訳) パウロは8章に入って、繰り返し「霊」について語ります。きょうの箇所では「あなたがたは・・神の子とする霊を受けた」(15節)と言います。 霊というのは、結び合わせる働き…

聖句で辿る聖書 113

レビ記 20章 26節(聖書協会共同訳) 主である私が聖なる者であるから、あなたがたも私にとって聖なる者となりなさい。あなたがたを私のものとするために、私はあなたがたを他の民から区別した。 聖とする、聖(きよ)めるとは、神とものとして取り分ける、…

ヨハネによる福音書 5:18〜21

2020年6月21日(日) 主日礼拝 聖書:ヨハネによる福音書 5:18〜21(新共同訳) イエスは安息日に病気で苦しむ人を癒やされました。しかしそれは、当時のユダヤ教の律法解釈に反することでした。彼らは、自分たちの教えに反することをするイエスを迫害し始…

ローマの信徒への手紙 8:12〜14

2020年6月17日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 8:12〜14(新共同訳) パウロは「わたしたちには一つの義務があります」(12節)と言います。 この「義務」というのは、「神に応答する責任」あるいは「神に応答する必要」のことです。 この責任・必…

聖句で辿る聖書 112

レビ記 20章 10~21節(聖書協会共同訳) 血の責任は彼らにある。(11, 12, 13, 16節) 前回注目した聖句を含む箇所を少し長く引用した。ここでは性的関係についての戒めが記されている。 性欲は、食欲・睡眠欲と共に三大欲求と言われる。食欲、睡眠欲もコント…

ローマの信徒への手紙 11:1〜5

2020年6月14日(日)主日礼拝 聖書:ローマの信徒への手紙 11:1~5(新共同訳) パウロは同胞イスラエルの救いが心にかかります。9〜11章でパウロはイスラエルについて語ります。10:1では「わたしは彼らが救われることを心から願い、彼らのために神に祈って…

聖書通読のために 96

マタイによる福音書 11章 2~6節(聖書協会共同訳) 洗礼者ヨハネは、王の素行を批判したため牢に入れられてしまった。その牢の中のヨハネのところにまでイエスの噂が伝わってきた。ヨハネは自分の弟子たちを遣わしてイエスに尋ねた。「来たるべき方は、あな…

ローマの信徒への手紙 8:5〜11

2020年6月10日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 8:5〜11(新共同訳) 霊と肉という対比がなされます。教会でも「霊的」という言葉が使われます。 霊は、結び合わせる働きをします。きょうの箇所で「霊」は聖霊を表しています。聖霊は神ご自身とわた…

聖句による黙想 53

イザヤ書 40章 31節(聖書協会共同訳) しかし、主を待ち望む者は新たな力を得 鷲のように翼を広げて舞い上がる。 走っても弱ることがなく 歩いても疲れることはない。 神の約束は希望となる。聖書はその証しである。 新約で約2,000年、旧約であれば3,000年…

聖句で辿る聖書 111

レビ記 20章 13節(聖書協会共同訳) 人が女と寝るように男と寝るなら、両者ともその忌むべき行いのゆえに、必ず死ななければならない。血の責任は彼らにある。 18:22にも同じように書かれている。聖書が言っているのは男性同士の性的関係だが、同性愛、同性…

ヨハネによる福音書 5:9b〜17

2020年6月7日(日) 主日礼拝 聖書:ヨハネによる福音書 5:9b〜17(新共同訳) エルサレムには羊の門の傍らに「ベトザタ」と呼ばれる池がありました。 この池には言い伝えがあって、主の使いがときどき池に降りて来て、水が動くことがあって、水が動いたと…

聖書通読のために 95

マタイによる福音書 10章 42節~11章 1節(聖書協会共同訳) わたしがキリストを信じるとき、わたしが救われるだけではない。キリストの弟子であるこのわたしにされたことは、たとえ冷たい水一杯であっても、キリストが報いてくださる。わたしが報いることが…

聖句による黙想 54

申命記 7章 6~8節(聖書協会共同訳) あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。あなたの神、主は、地上にいるすべての民の中からあなたを選び、ご自分の宝の民とされた。あなたがたがどの民よりも数が多かったから、主があなたがたに心引かれて選んだので…

ローマの信徒への手紙 8:1〜4

2020年6月3日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 8:1〜4(新共同訳) 「従って」とパウロは言います。 パウロは3章(21節)からずっと「イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義」(3:22)について語ってきました…

聖句で辿る聖書 110

レビ記 20章 4~5節(聖書協会共同訳) もし自分の子どもをモレク神に献げた者に対して、この地の民があえて目をつぶり、その者を死刑にしないなら、私はその者とその家族に顔を向ける。その者だけではなく、その者に倣い、モレク神を慕って淫らなことをする…

ヨハネによる福音書 20:19〜23

2020年5月31日(日)主日礼拝 聖霊降臨節聖書:ヨハネによる福音書 20:19〜23(新共同訳) その日、すなわち週の初めの日の夕方。これはイエスが復活された日曜日の夕方のことです。弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていました…

5/31から通常の礼拝に戻ります

新型コロナウィルス感染拡大に伴って、礼拝に集うのを控えてもらい、集会を休会にしてきましたが、5/31(日)から礼拝に集ってもらう通常の礼拝に戻します。 この間、礼拝説教も通常の続きではなく、『はじめてのカテキズム』を用いた説教を行いましたが、通…

聖書通読のために 94

マタイによる福音書 10章 40~41節(聖書協会共同訳) イエスは「見えない神のかたち」(コロサイ 1:15)である。イエスを信じるとき、神を信じており、イエスを受け入れるとき、神を受け入れる。 イエスは遣わした弟子たちを受け入れる者は、イエス自身を受…

聖句による黙想 52

エゼキエル書 37章 26~28節(聖書協会共同訳) 私は彼らと平和の契約を結び、これは永遠の契約となる。私は彼らを祝福し、増やす。私はわが聖所をとこしえに彼らのただ中に置く。わが住まいは彼らと共にあり、私は彼らの神となり、彼らは私の民となる。こう…

聖句で辿る聖書 109

レビ記 19章 35~37節(聖書協会共同訳) 裁きにおいても、物差しや秤や升に関しても不正をしてはならない。正しい天秤、正しい重り、正しい升と正しい瓶を用いなさい。私は主、あなたがたの神、あなたがたをエジプトの地から導き出した者である。私の掟と法…

はじめてのカテキズム 問い6 その3

2020年5月24日(日)主日礼拝 聖書:創世記 1:27〜28 ローマの信徒への手紙 8:19〜23(新共同訳) 現在、新型コロナウィルス感染拡大の状況を鑑み、礼拝堂に共に集うことを控えております。この間、アメリカ合衆国長老教会が子どもたちのために作成しまし…

聖書通読のために 93

マタイによる福音書 10章 38~39節(聖書協会共同訳) イエスが言われる十字架の本質は、理解されないこと、拒絶されること、捨てられることである。自分の十字架を負うとは、自分が理解され、評価され、受け入れられることを第一にせず、イエスに従うことで…