聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

ローマの信徒への手紙

ローマの信徒への手紙 8:1〜4

2020年6月3日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 8:1〜4(新共同訳) 「従って」とパウロは言います。 パウロは3章(21節)からずっと「イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義」(3:22)について語ってきました…

ローマの信徒への手紙 7:21〜25

2020年4月1日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 7:21〜25(新共同訳) この手紙を書きましたパウロは、元々ユダヤ教のファリサイ派に属していました。ファリサイ派というのは、律法を日常生活において厳格に守ろうとした人々です。パウロもファリサ…

ローマの信徒への手紙 7:14〜20

2020年3月25日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 7:14〜20(新共同訳) パウロはここで霊と肉という対比をしながら語ります。 「わたしたちは、律法が霊的なものであると知っています。」(14節) 霊的とは、神の御心に適っている、神と共にあること…

ローマの信徒への手紙 10:18〜21

2020年3月22日(日)主日礼拝 聖書:ローマの信徒への手紙 10:18~21(新共同訳) パウロは同胞イスラエルの救いが心にかかります。9〜11章でパウロはイスラエルについて語ります。10:1では「わたしは彼らが救われることを心から願い、彼らのために神に祈っ…

ローマの信徒への手紙 7:7〜13

2020年3月18日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 7:7〜13(新共同訳) 神は、律法による自分の義ではなく、信仰による神の義によって、わたしたちを救おうしておられるとパウロは語ってきました(3:21~5:21)。そして6章では、救いに入れられた者が…

ローマの信徒への手紙 7:1〜6

2020年3月11日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 7:1〜6(新共同訳) 1節でパウロは「知らないのですか」と問いかけます。 大切なことを語るのに、パウロは「知らないのですか」と問います。既に 6:3、6:16 と2回言われています。 伝えたいのは最初…

ローマの信徒への手紙 10:14〜17

2020年3月8日(日)主日礼拝 聖書:ローマの信徒への手紙 10:14~17(新共同訳) パウロは9〜11章で、同胞イスラエルの救いを願って語ります。10:1では「わたしは彼ら(イスラエル)が救われることを心から願い、彼らのために神に祈っています」と書いてい…

ローマの信徒への手紙 6:20〜23

2020年3月4日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 6:20〜23(新共同訳) 神は、わたしたち罪人との間に「信じる」という関係を築こうとしておられます。それは神の民を選ばれた初めからそうでした。イスラエルの祖アブラハムに対して「アブラム(アブ…

ローマの信徒への手紙 6:15〜19

2020年2月26日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 6:15〜19(新共同訳) パウロは、3:21から5:21までキリストを信じることを通して与えられる救い、神の義について語ってきました。 しかし「罪が増したところには、恵みはなおいっそう満ちあふれま…

ローマの信徒への手紙 10:9〜13

2020年2月23日(日)主日礼拝 聖書:ローマの信徒への手紙 10:9~13(新共同訳) 神はわたしたちを罪から救いたいと願っておられます。罪を犯したため、神と共に歩めず、死に囚われてしまったわたしたちを、死から解放し、神と共に歩めるようにしようと願っ…

ローマの信徒への手紙 6:12〜14

2020年2月19日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 6:12〜14(新共同訳) パウロは、「キリストを信じることを通して与えられる神の義によって救われる」(3:21~)ということを丁寧に語ってきました。キリスト以外のものに望みを置かず、自分を誇る…

ローマの信徒への手紙 6:5〜11

2020年2月12日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 6:5〜11(新共同訳) パウロは、「キリストを信じることにより与えられる神の義によって救われる」(3:21~)ということを丁寧に語ってきました。キリスト以外のものに望みを置かないように、割礼…

ローマの信徒への手紙 6:1〜4

2020年2月5日(水) 祈り会2020年2月9日(日) 主日礼拝聖書:ローマの信徒への手紙 6:1〜4(新共同訳) パウロは、「キリストを信じる信仰の義によって救われる」ということを丁寧に語ってきました。キリスト以外のものに望みを置かないように、割礼や…

ローマの信徒への手紙 10:5〜8

2020年2月2日(日)主日礼拝 聖書:ローマの信徒への手紙 10:5~8(新共同訳) パウロはで「わたしは彼らが救われることを心から願い・・神に祈っています」(10:1)と言います。彼らというのは旧約の民イスラエルのことです。彼らは父祖アブラハム以来の長…

ローマの信徒への手紙 5:18〜21

2020年1月29日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 5:18〜21(新共同訳) パウロは、3:21から「キリストを信じる信仰の義によって救われる」ということを、丁寧に語ってきました。なぜパウロは、そこまで「キリストを信じる信仰の義によって救われる」…

ローマの信徒への手紙 5:16〜17

2020年1月22日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 5:16〜17(新共同訳) 16節の最初に「この賜物」とありますが、これは直前に出てくる「イエス・キリストの恵みの賜物」のことです。 「似て非なる」という言葉があります。「ちょっと見たかぎりでは…

ローマの信徒への手紙 9:30〜10:4

2020年1月19日(日)主日礼拝 聖書:ローマの信徒への手紙 9:30~10:4(新共同訳) パウロは言います。「兄弟たち、わたしは彼らが救われることを心から願い、彼らのために神に祈っています。」パウロが救われることを願っているのは、旧約の民イスラエル…

ローマの信徒への手紙 5:12〜15

2020年1月15日(水) 祈り会聖書:ローマ 5:12〜15(新共同訳) 聖書は、救いについて語ります。どのような救いかというと、罪からの救いです。マタイ 1:21では、イエスの誕生を告げる天使が「彼は、おのれの民をそのもろもろの罪から救う者となる」と言っ…

ローマの信徒への手紙 5:9〜11

2020年1月8日(水) 祈り会聖書:ローマ 5:9〜11(新共同訳) 「今や、わたしたちはキリストの血によって義とされた」とパウロは言います。 義とは、正しい関係を表します。聖書では、神と正しい関係にあることを表します。義とされた、正しい関係になった…

ローマの信徒への手紙 9:25〜29

2020年1月5日(日)主日礼拝 聖書:ローマの信徒への手紙 9:25~29(新共同訳) パウロはこの手紙で、イエス キリストこそ神が約束された救い主であることを確認し、キリストによってのみ救われることを明らかにしようとしています。それはユダヤ人であるこ…

ローマの信徒への手紙 5:6〜8

2019年12月4日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 5:6〜8(新共同訳) きょうの箇所の中心は、最後に出てくる 8節の「まだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました」…

ローマの信徒への手紙 5:3〜5

2019年11月27日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 5:3〜5(新共同訳) イエス キリストを信じる信仰によって義とされたわたしたちは、神との間に平和を与えられ、神の栄光に与る希望を誇りとすることができるようにされました。 しかしパウロは、…

ローマの信徒への手紙 5:1〜2

2019年11月20日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 5:1〜2(新共同訳) パウロは、3章21節から4章の終わりまで「キリストを信じる信仰による神の義」について語ってきました。いわゆる信仰義認についてです。 信仰義認について考えるとき、気をつ…

ローマの信徒への手紙 4:23〜25

2019年11月13日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 4:23〜25(新共同訳) 「しかし、『それが彼の義と認められた』という言葉は、アブラハムのためだけに記されているのでなく、わたしたちのためにも記されているのです」とパウロは語ります。「わた…

ローマの信徒への手紙 4:17b〜22

2019年11月6日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 4:17b〜22(新共同訳) パウロは「信仰による神の義」について語り続けます。それは、同胞であるユダヤ人キリスト者たちが割礼や律法を誇りとするのではなく、イエス キリストの救いに与るためであ…

ローマの信徒への手紙 9:19〜24

2019年11月3日(日)主日礼拝 聖書:ローマの信徒への手紙 9:19~24(新共同訳) パウロは、神の救いの御業を語る中で「神は御自分が憐れみたいと思う者を憐れみ、かたくなにしたいと思う者をかたくなにされる」(18節)と言います。 であれば、19節の神へ…

ローマの信徒への手紙 4:13〜17a

2019年10月30日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 4:13〜17a(新共同訳) パウロは、神がアブラハムによって示された信仰の義について語ります。 13節の「世界を受け継がせることを約束された」ということは、創世記に出てきます。12:3には「地上の…

ローマの信徒への手紙 4:9〜12

2019年10月23日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 4:9〜12(新共同訳) パウロは割礼について語ります。これは、ユダヤ人キリスト者が救いについて正しく知ることを願ってのことです。 11節に「アブラハムは割礼というしるしを受けた」とあります…

ローマの信徒への手紙 4:6〜8

2019年10月16日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 4:6〜8(新共同訳) パウロは「ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされる」(3:24)と語ります。そして「人が義とされるのは・・信仰による」(3:28)と告げ…

ローマの信徒への手紙 4:1〜5

2019年10月9日(水) 祈り会聖書:ローマの信徒への手紙 4:1〜5(新共同訳) パウロは「ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされる」(3:24)と語ります。そしてきょうの箇所では、信仰の父アブラハムを例に挙げて、…