聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

ローマ人への手紙 4:13〜17a

2018年1月28日(日)主日礼拝
聖書箇所:ローマ人への手紙 4:13~17a(口語訳)

 

 パウロは、神がアブラハムによって示された信仰の義について語ります。

 13節の「世界を相続させる約束」というのは、創世記に出てきます。12:3には「地のすべてのやからは、あなたによって祝福される」とあり、17:4には「あなたは多くの国民の父となるであろう」と言われています。そして 18:18では「地のすべての民がみな、彼によって祝福を受けるのではないか」と言われています。
 神が言われる「世界」とは、土地のことではなく、人のことです。「地のすべてのやから」「多くの国民の父」「地のすべての民」これこそが、神がアブラハムに相続される世界なのです。神が相続させるのは物ではなく人なのです。イエスも弟子たちに言われました。「あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう」(マタイ 4:19、マルコ 1:17、ルカ 5:10)。

 この「世界を相続させる約束」は、アブラハムとその子孫に与えられた約束です。しかしそれは、律法によって引き継がれる約束ではなく、信仰の義によって引き継がれるものです。神が約束に用いられたのは、律法ではなく、信仰でした。
 約束に用いられるのが、律法ならば、信仰は必要なくなります。律法は、守る者と守らない者とに人を分けます。律法は違反の基準であり、裁きの基準となります。しかし、神がなしてくださった御業は、そういうものとは違います。エペソ人への手紙にはこう書かれています。「キリストはわたしたちの平和であって、二つのものを一つにし、敵意という隔ての中垣を取り除き、ご自分の肉によって、数々の規定から成っている戒めの律法を廃棄したのである」(エペソ 2:14, 15)キリストは、律法こそ神の民の基準だと考えている人たちに対して、神は律法によって人を二つに分けるのではなく、キリストによって二つのものを一つにし、敵意という隔ての中垣を取り除かれたことを明らかにされました。

 では一体、律法とは何なのでしょうか。それは、律法は罪の世にあって神と共に歩むための道しるべなのです。それによって救いを勝ち取るものではなく、救われた喜びと感謝によって重んじられるものです。律法は守られ方が一人ひとり違います。そして誰一人完全に守れる人はありません。誰一人、律法によって救いに至ることはできず、自分を誇ることもできません。律法は、わたしたちをキリストを求めるように導くのです。かつての割礼もそうですが、律法はキリストへ、神へと思いを導くときこそ、その本来の働きをなすのです。

 パウロが言うように「すべては信仰による」のです。しかし罪人は、信仰さえも律法に変えてしまうことがあります。「あの人の信仰は素晴らしい」「あの人は信仰熱心な人だ」などと信仰を測る基準を導入して、信仰によって人を分けてしまうことがあります。しかしパウロが続けて言うように、それは神の恵みによるものです。
 この神の恵みは、「律法に立つ者」にも、「アブラハムの信仰に従う者」にも、つまり「すべての子孫に」救いの約束を保証するのです。
 こうして神は「わたしはあなたを立てて多くの国民の父とした」という約束を成就されたのです。アブラハムは、神の御業によってすべての者の父となったのです。

 このように、神はアブラハムを召し出されたとき既にすべての者を信仰によって救おうとされていたのです。そして、アブラハムに与えられた約束を成就されたイエス キリストについて、聖書はこう証ししています。「彼は、わたしたちの罪のための、あがないの供え物である。ただ、わたしたちの罪のためばかりではなく、全世界の罪のためである。」(1ヨハネ 2:2)この世にはキリストによって贖われない罪は残されていません。そしてテトスへの手紙は「すべての人を救う神の恵みが現れた」(テトス 2:11)と語ります。
 神は、キリストを通して「信じる」という恵みによって、わたしたちすべての者を救いへ招き入れようとしていてくださるのです。罪によって信じられなくなっているわたしたちを神を信じる者へと変えるために、神はキリストをお遣わしになり、御業をなしておられるのです。

 パウロは、同胞であるユダヤ人たちが、喜んで感謝してこの恵みに与れるようにと心を込めて語りかけているのです。
 わたしたちもきょう、信じる恵みに与るようにと神の招きの声を聞いたのです。神の招きに応えて、救いへと導かれる人は幸いです。

ハレルヤ