読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

神学入門 13

神学 聖書学10

正典 03

 

 「聖書は神の言(ことば)である」。これが、わたしが日々営む教会の学としての神学の基盤である。
 しかしわたしは、聖書を全部調べ、納得した上で「聖書は神の言である」と信じているわけではない。
 わたしは、イエス キリストをわたしの救い主である、と信じたときに、キリストにあって聖書は神の言であると信じたのである。
 イエスは安息日に会堂でイザヤ書から語られた(ルカ 4:16〜21)。また「律法の文字から一点一画も消え去ることはない」(マタイ 5:18)と言われている。
 イエスご自身が旧約を神の言とされ、わたしは聖書によってキリストと出会い、信仰に導かれた。だから、キリストにあって聖書は神の言であると信じているのである。旧約も新約も神を証しし、神である御子イエス キリストを指し示している。

 このようにして、わたしは「聖書は神の言である」と信じているが、説教の務めを与えられているので、できれば聖書全巻を礼拝と祈り会で語り、「確かに聖書は神の言であった」と確認したいと願っている。しかし、それは時間的に難しいようだ。2017年4月で説教を始めて27年になるが、まだ説教していない箇所が多くある。
 その上、わたしの信仰が及ばなくて、まだ神の御心を理解できていない箇所が何カ所かある。以下に記した4箇所はわたしにとって特に困難な箇所である。皆さんに神の御心を尋ね求めていって頂きたい。そして分かったことをネットで発表して、教えて頂きたい。
 ヨシュア記、士師記の聖戦
 歴代誌上1〜12章の系図
 テモテへの手紙 一 2:12〜3:1
 ヘブライ人への手紙 6:4〜6
 神の国に入れられて、神にお会いできるときには、是非お尋ねしたいと思っている。

主は生きておられる(エレミヤ 4:2 新共同訳)

 

広告を非表示にする