読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

聖書通読のために 37

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 5:27〜30(新共同訳)

 命自体を守るために、体の一部を切り捨てるというのは、現代の医学でも行われる。
 心が罪を犯しているとき、体をいくら捨てても罪は消えない。律法主義では、罪は解決しない。
 イエスも体の一部を捨てよと言っておられるのではない。救われること、滅びないことが大事である、と言っておられるのである。ここでは、地獄に投げ込まれない、地獄に落ちないように注意されている。
 「わたしたちの古い自分がキリストと共に十字架につけられたのは、罪に支配された体が滅ぼされ、もはや罪の奴隷にならないためであると知っています。死んだ者は、罪から解放されています。わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きることにもなると信じます。」(ローマ 6:6〜8)
 キリストの十字架によって、神は罪に死に、新しく生きる道を備えてくださった。


喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

 

広告を非表示にする