読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

聖書通読のために 32

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 5:9(新共同訳)

 山上の説教(山上の垂訓)の7番目。
 「平和を実現する人々は、幸いである、/その人たちは神の子と呼ばれる」。
 聖書が告げる平和は、争いがないことではない。共にいることを喜ぶことのできる関係があることを言う。
 罪の世にあって、共にいることを喜ぶためには、愛と赦しが必要である。
 愛は、共に生きるための原動力となるものである。
 赦しは、罪によって傷ついていく関係を再生させる力となるものである。
 この愛と赦しは、神がわたしたちに注ぎ続け、与え続けていてくださるものである。そして、そのために神はキリストをお遣わしくださった。聖書はこう告げている。「実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し」と(エフェソ 2:14)。
 平和を実現するために、神の救いの御業に仕える者たちは、神と共に働く者、神の子と呼ばれる。


喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

広告を非表示にする