読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

聖書通読のために 24

聖書通読

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 4:18-22(新共同訳)

 イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられた。
 そこでイエスは4人の弟子を召された。
 ペトロとアンデレの兄弟は、湖で漁をしている最中に「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」とイエスに声をかけられた。
 二人はすぐに網を捨てて従った。
 ヤコブとヨハネの兄弟も漁師だった。父親と一緒に網の手入れをしていた。イエスが彼らを呼ばれると、この二人もすぐに、舟と父親とを残してイエスに従った。
 イエスが弟子に託されるのは、「人間をとる」ことである。具体的には28:19, 20で命じられたことであろう。「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。」
 教会は、イエスから託され命じられた務めを、終わりの日まで担い続ける。それは「折が良くても悪くても」(2テモテ 4:2)なし続けられる務めである。

喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

広告を非表示にする