読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

聖書通読のために 23

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 4:12-17(新共同訳)

 「イエスは、ヨハネが捕らえられたと聞き、ガリラヤに退かれた」。
 これをマタイは「預言者イザヤを通して言われていたことが実現するため」だと言う。
 15, 16節は、イザヤ 8:23〜9:1の引用。
 「大きな光」は、イエス・キリストのこと。
 なぜガリラヤなのか。辺境の地として人が軽んじるところから、神の業がなされるしるしなのか。人となって世に来られたキリストの謙遜を表すものなのだろうか。
 「そのときから、イエスは、『悔い改めよ。天の国は近づいた』と言って、宣べ伝え始められた」。
 イエスの救い主としての活動が始まる。
 「天の国」、口語訳では「天国」。マルコによる福音書では「神の国」(1:15)。
 「天の国は近づいた」とはどういう状況を示しているのだろうか。
 「国」は「支配する、治める」という言葉から派生したと言われる。
 わたしには、信仰の決断を求める言葉に聞こえる。
 「悔い改め」は、神へと立ち帰ること。神がご支配なさる天の国があなたの前に迫ってきている。罪に支配するこの世に留まるのか、それとも、神のご支配の許に踏み出すのか。それが問われているように思う。

喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

広告を非表示にする