読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

聖書通読のために 16

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 3:11, 12(新共同訳)

 ヨハネは水で洗礼を授けていました。
 洗礼は、水で汚れを洗い流すように、罪を洗い清めて頂くことを覚えるためのものです。
 洗礼は「して頂く」ものです。誰にして頂くのか。罪の洗い清めは、「神」にして頂くのです。
 ヨハネが洗礼を授けていましたが、洗礼を通して「神へ」と思いを導くのです。
 ヨハネは「後から来る」イエスを指し示して、「その方は、聖霊と火で・・洗礼をお授けになる」と語りました。
 「聖霊」は、三位一体の「聖霊なる神」です。罪の洗い清めは「神」の御業です。
 「火」は、聖霊なる神の御業のイメージです。火で精錬し、不純物を取り除くイメージです。
 イエスが誰かに洗礼を授けたという記述はありません。
 ヨハネが告げたのは、洗礼を通して示される神の御業です。
 キリスト教会は、イエスに命じられたとおり「父と子と聖霊の名によって洗礼を授け」(マタイ 28:19)てきました。
 洗礼を受けた者は、神の国に入れられて救いの完成する日まで、聖霊が火で精錬するように罪を清めていってくださる道を、導かれていきます。

喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

広告を非表示にする