聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

ローマ人への手紙

ローマ人への手紙 2:12〜16

2017年5月28日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 2:12〜16(口語訳) パウロは、神を侮ることなく、神へと立ち帰るために、神を正しく畏れることを教えようとしています。「畏れ(恐れ)」は人の生き方を定めるものの一つです。わたしたちの国でも…

ローマ人への手紙 2:6〜11

2017年5月7日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 2:6〜11(口語訳) パウロは4節で「神の慈愛があなたを悔い改めに導く」と言っています。 悔い改めは、救いに欠かせない大切な事柄です。本来の意味は「立ち帰る」という意味です。神から離れてしま…

ローマ人への手紙 2:1〜5

2017年4月23日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 2:1〜5(口語訳) 受難節、復活節があったので、少し久しぶりのローマ人への手紙です。 パウロは、まだ行ったことがない、けれどいつか行きたいと願っているローマの教会に宛てて手紙を書きました。…

ローマ人への手紙 1:24〜32

2017年3月19日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 1:24〜32(口語訳) この箇所で一番注目を引くのは、同性愛に関する記述であろうと思います。おそらく長い間教会が同性愛を禁止事項としてきたことの根拠となった聖句の一つであろうと思います。し…

ローマ人への手紙 1:18〜23

2017年3月5日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 1:18〜23(口語訳) パウロは、福音宣教のために3度にわたる伝道旅行を行いました。その中でギリシャの中心都市アテネにも行きました。パウロは偶像がおびただしくあるのを見て、憤りを感じ、会堂で…

ローマ人への手紙 1:16, 17

2017年2月19日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 1:16, 17(口語訳) パウロは、すべての人に福音を伝える責任があると考えています。だから、ローマにいる人々にも福音を宣べ伝えたいと言っています。 そしてパウロは「わたしは福音を恥としない」…

ローマ人への手紙 1:12〜15

2017年2月5日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 1:12〜15(口語訳) パウロは11節で「わたしは、あなたがたに会うことを熱望している。あなたがたに霊の賜物を幾分でも分け与えて、力づけたいからである」と語りました。パウロが言う「霊の賜物」と…

ローマ人への手紙 1:9〜11

2017年1月22日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 1:9~11(口語訳) パウロは、まだ行ったことのないローマの教会、まだ会ったことのないローマ教会の人々に手紙を書いています。 ローマでご自身の民を起こし、教会を建ててくださった神に感謝した…

ローマ人への手紙 1:8

2017年1月8日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 1:8(口語訳) 待降節・降誕節に入ったので、1ヶ月半ほど中断しました。 1~7節は、ローマ教会への挨拶でした。パウロはまだローマに行ったことがありません。会ったことのない人たちへの手紙です。…

ローマ人への手紙 1:5〜7

2016年11月13日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 1:5~7(口語訳) パウロはローマの教会に手紙を書いています。彼はローマにまだ行ったことがありません。会ったことのない人たちへの手紙です。パウロは、まだ会ったことのないローマの人たちに対…

ローマ人への手紙 1:1〜4

2016年10月30日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 1:1~4(口語訳) 聖書は旧約と新約の2つ部分からなります。そして新約には27の文書が収められています。その内4つの福音書と使徒行伝、ヨハネの黙示録以外の21の文書は手紙、書簡です。その書簡…