聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

聖句による黙想 23

マタイによる福音書 5章 16節(新共同訳) あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。 神の民には、神を証しする務めが託されている。 ここで「立派な行い」とい…

聖句で辿る聖書 76

出エジプト記22章 20, 21節(新共同訳) 寄留者を虐待したり、圧迫したりしてはならない。あなたたちはエジプトの国で寄留者であったからである。寡婦や孤児はすべて苦しめてはならない。 苦しみの経験も戒めの根拠となる。良き事も悪しき事も、神の導きの中…

ルカによる福音書 23:13〜25

2018年4月15日(日)主日礼拝聖書箇所:ルカによる福音書 23:13~25(口語訳) ユダヤ教のエルサレムの指導者たち=ユダヤの最高法院の議員たちは、イエスを死刑にするため、ユダヤ属州総督のピラトにローマに対する反逆罪で訴えました。 しかしピラトは、…

聖書通読のために 67

マタイによる福音書 7章 24~27節(新共同訳) 譬え話である。家は人生を表す。人生には様々な出来事が起きる。「雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲」うようなことがある。人生が壊れないためには、しっかりとした土台の上に家が建っていることが大…

聖句による黙想 22

コリントの信徒への手紙 二 3章 18節(新共同訳) わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。 人が創造された目的の一つは、神…

聖句で辿る聖書 75

出エジプト記21章 2節(新共同訳) あなたがヘブライ人である奴隷を買うならば、彼は六年間奴隷として働かねばならないが、七年目には無償で自由の身となることができる。 同胞の奴隷は、七年目には無償で自由の身となる。再出発が約束されている。 イエス …

ローマ人への手紙 5:3〜5

2018年4月8日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 5:3~5(口語訳) イエス キリストの贖いにより、わたしたちは信仰を通して義とされました。このことにより、わたしたちはイエス キリストにおける神との平和、そして救いの恵みに入れられました。そ…

聖書通読のために 66

マタイによる福音書 7章 21~23節(新共同訳) 神は赦すお方である。それは、罪人が立ち帰り、共に生きるために赦されるのである。 しかし、罪人は自分に都合よく解釈する。神と共に生きることを願わず、神の御心を知ることを求めずに、神の赦しと恵みだけを…

聖句による黙想 21

コロサイの信徒への手紙 3章 10, 14節(新共同訳) 造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、 真の知識に達するのです。 これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。 愛は、すべてを完成させるきずなです。 罪によって神のかたちに破れが生…

聖句で辿る聖書 74

出エジプト記20章 2節(新共同訳) わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。 十戒の冒頭の部分である。 神の戒めは、罪の奴隷からの解放である。人間を幸せにする自由への道しるべである。 「あなたたちは真理を知…

マルコによる福音書 16:1〜8

2018年4月1日(日)主日礼拝聖書箇所:マルコによる福音書 16:1~8(口語訳) きょうは復活節、イースターです。イエス キリストの復活を記念する日です。歴史的には、本来土曜日だった礼拝が、キリストが復活された日曜日にも集会をしている中で、日曜日の…

聖書通読のために 65

マタイによる福音書 7章 15~20節(新共同訳) 偽預言者は、一見すると預言者のように見えるけれども、実は全く預言者ではない者を言う。 預言者の標記どおり、預言者は神の言葉を預かり伝えてくれる者。その言葉に従うと、神に立ち帰り、神と共に歩むことが…

聖句による黙想 20

エフェソの信徒への手紙 5章 1節(新共同訳) あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。 人の生きる基準・目標は、神である。 人は神にかたどって造られ、神に愛されている神の子どもだからである。 ハレルヤ

聖句で辿る聖書 73

出エジプト記19章 6節(新共同訳) あなたたちは、わたしにとって/祭司の王国、聖なる国民となる。 神の民は、世にあって祭司の務めを果たす。聖別され神の民とされ、神を証しする存在である。 祭司は、民が神に立ち帰れるように、献げ物を献げる。神と民と…

マルコによる福音書 15:33〜41

2018年3月25日(日)主日礼拝聖書箇所:マルコによる福音書 15:33~41(口語訳) 今週は受難週です。イエス キリストの受難、十字架を思い巡らし、覚えるときです。今年はマルコによる福音書からご一緒に聞いてまいります。 イエスは十字架に付けられました…

ヘブル人への手紙 12:1〜3

2018年3月18日(日)主日礼拝聖書箇所:ヘブル人への手紙 12:1~3(口語訳) 教会には、教会暦と呼ばれる教会の暦があります。クリスマスに備える待降節から始まり、降誕節、受難節、復活節、聖霊降臨節と神の救いの御業を辿りつつ1年を過ごします。今は、…

ローマ人への手紙 5:1, 2

2018年3月11日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 5:1~2(口語訳) パウロは、3章21節から4章の終わりまで「キリストを信じる信仰による神の義」について語ってきました。いわゆる信仰義認についてです。 信仰義認について考えるとき、気をつけねば…

ルカによる福音書 23:6〜12

2018年3月4日(日)主日礼拝聖書箇所:ルカによる福音書 23:6~12(口語訳) ユダヤ教のエルサレムの指導者たち=ユダヤの最高法院の議員たちは、イエスを死刑にするため、ユダヤ属州総督のピラトにローマに対する反逆罪で訴えました。 しかしピラトは、「…

ローマ人への手紙 4:23〜25

2018年2月25日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 4:23~25(口語訳) 「しかし『義と認められた』と書いてあるのは、アブラハムのためだけではなく、わたしたちのためでも」ある、とパウロは語ります。「わたしたちのためでも」あるからこそ、パウ…

ルカによる福音書 23:1〜5

2018年2月18日(日)主日礼拝聖書箇所:ルカによる福音書 23:1~5(口語訳) 過越の食事の夜、イエスは逮捕され、夜が明けると同時に、最高法院における取り調べが始まりました。「では、あなたは神の子なのか」という問いに対してイエスが言った「あなたが…

ローマ人への手紙 4:17b〜22

2018年2月11日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 4:17b~22(口語訳) パウロは「信仰による神の義」について語り続けます。それは、同胞であるユダヤ人キリスト者たちが割礼や律法を誇りとするのではなく、イエス キリストの救いに与るためであり…

ルカによる福音書 22:63〜71

2018年2月4日(日)主日礼拝聖書箇所:ルカによる福音書 22:63~71(口語訳) イエスは逮捕され、大祭司の邸宅に連れて行かれました。そこで夜明けまで、イエスは監視されたままで置かれます。 66節に「議会」とありますが、新共同訳聖書では「最高法院」と…

ローマ人への手紙 4:13〜17a

2018年1月28日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 4:13~17a(口語訳) パウロは、神がアブラハムによって示された信仰の義について語ります。 13節の「世界を相続させる約束」というのは、創世記に出てきます。12:3には「地のすべてのやからは、あ…

聖書通読のために 64

マタイによる福音書 7章 13, 14節(新共同訳) 「狭き門」、入試などの際によく聞く、多くの人が知っている言葉である。 イエスが言われる狭き門は、命に通じる門。それに対し、滅びに通じる門は広く、その道も広々としている。多くの人は広い門をくぐる。し…

聖句による黙想 19

マルコによる福音書 12章 29~31節(新共同訳) 「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』第二の掟は、これ…

聖句で辿る聖書 72

出エジプト記18章 24~26節(新共同訳) モーセはしゅうとの言うことを聞き入れ、その勧めのとおりにし、全イスラエルの中から有能な人々を選び、彼らを民の長、すなわち、千人隊長、百人隊長、五十人隊長、十人隊長とした。こうして、平素は彼らが民を裁いた…

ルカによる福音書 22:54〜62

2018年1月21日(日)主日礼拝聖書箇所:ルカによる福音書 22:54~62(口語訳) 過越の食事が行われた日の夜中、イエスは祭司長、宮守がしら(神殿守衛長)、長老たちの手の者によって捕らえられました。そして大祭司の邸宅に連れて行かれます。 ペテロは気…

聖句で辿る聖書 71

出エジプト記18章 10節(新共同訳) 「主をたたえよ/主はあなたたちをエジプト人の手から/ファラオの手から救い出された。主はエジプト人のもとから民を救い出された。」 出エジプトは、神が救いの神であることを知った大切な出来事。

ローマ人への手紙 4:9〜12

2018年1月14日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 4:9~12(口語訳) パウロは割礼について語ります。これは、ユダヤ人キリスト者が救いについて正しく知ることを願ってのことです。 11節に「アブラハムは割礼というしるしを受けた」とありますが、…

聖書通読のために 63

マタイによる福音書 7章 7~12節(新共同訳) 天の父が良い物を与えようとしてることを信じて、求め、探し、門をたたきなさいとイエスは勧める。求めること、探すこと、門をたたくことは、祈ることへと通じる。命を与え、共に生きることを願っておられる神の…