聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

ローマ人への手紙 7:14〜20

2018年11月18日(日)主日礼拝 聖書箇所:ローマ 7:14〜20(口語訳) パウロはここで霊と肉という対比をしながら語ります。 「わたしたちは、律法は霊的なものであると知っている」。 霊的とは、神の御心に適っている、神と共にあることを表しています。こ…

聖書通読のために 81

マタイによる福音書 9章 32~34節(新共同訳) 悪霊に取り憑かれて口の利けない人の癒やしの記事である。しかし、癒やしそのものよりも、群衆が「こんなことは、今までイスラエルで起こったためしがない」と驚き、ファリサイ派の人たちが「あの男は悪霊の頭の…

聖句による黙想 38

聖句による黙想 思い巡らす meditation meditado ローマの信徒への手紙 5章 8節(新共同訳) しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。 キリストが十…

聖句で辿る聖書 91

出エジプト記34章 10節(新共同訳) 主は言われた。「見よ、わたしは契約を結ぶ。・・あなたと共にいるこの民は皆、主の業を見るであろう。・・」 よろめく信仰のわたしたちのために、真実な神が契約を結んでくださる。何ものにも囚われない神が、自ら契約の…

ヨハネによる福音書 1:1〜5

2018年11月11日(日)主日礼拝 聖書箇所:ヨハネ 1:1〜5(口語訳) 「初めに言があった」。 旧約に親しんでいる人であれば、創世記の「神は『光あれ』と言われた」(創世記 1:3)という言葉を思い起こすでしょう。 「言は神と共にあった。言は神であった。…

聖書通読のために 80

マタイによる福音書 9章 27~31節(新共同訳) 目が見えるようになること、それこそが二人の盲人の切なる願い。ダビデの子イエスが自分たちを憐れんでくれるなら、その願いは叶うと二人は信じている。 ダビデの子とは、救い主を指す称号である。参照:サムエ…

聖句による黙想 37

聖句による黙想 思い巡らす meditation meditado ルカによる福音書 5章 32節(新共同訳) わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである。 わたしたちが招待状を用意するとき、一人ひとりを思い浮かべながら用意しま…

聖句で辿る聖書 90

出エジプト記34章 9節(新共同訳) 主よ、もし御好意を示してくださいますならば、主よ、わたしたちの中にあって進んでください。確かにかたくなな民ですが、わたしたちの罪と過ちを赦し、わたしたちをあなたの嗣業として受け入れてください。 神と共に歩む…

ローマ人への手紙 7:7〜13

2018年11月4日(日)主日礼拝 聖書箇所:ローマ 7:7〜13(口語訳) 律法の果たしている役割の一つに、罪に気づかせるという役割があります。律法がなければ、何が神の御心に背くことなのか、神と共に生きるにはどうすればいいのかを知ることができません。 …

聖書通読のために 79

マタイによる福音書 9章 20~22節(新共同訳) 「あなたの信仰があなたを救った」不可解な言葉である。 この女性の「服に触れさえすれば」というのは、わたしには御利益信仰にしか思えない。彼女は病気が治ることを願っていたのであって、イエスに従っていこ…

聖句による黙想 36

聖句による黙想 思い巡らす meditation meditado エレミヤ書 31章 3節(新共同訳) わたしは、とこしえの愛をもってあなたを愛し/変わることなく慈しみを注ぐ。 神の言葉に対して、人は問い続ける。「果たしてそうだろうか」と。聖書が神の言葉だと語られ続…

聖句で辿る聖書 89

出エジプト記33章 16節(新共同訳) 一体何によって、わたしとあなたの民に御好意を示してくださることが分かるでしょうか。あなたがわたしたちと共に行ってくださることによってではありませんか。そうすれば、わたしとあなたの民は、地上のすべての民と異…

ルカによる福音書 24:50〜53

2018年10月14日(日)主日礼拝 聖書箇所:ルカ 24:50〜53(口語訳) ルカは、キリストの昇天で福音書を閉じます。 実は、キリストの昇天に関しては、ルカが一番関心を持っています。 マルコ福音書の最後のまとめのところで「主イエスは彼らに語り終ってから…

ローマ人への手紙 7:1〜6

2018年10月21日(日)主日礼拝 聖書箇所:ローマ 7:1〜6(口語訳) 「それとも、兄弟たちよ。あなたがたは知らないのか」。 信仰生活の中で既に知っているべき大切なことを語るのに、パウロは「あなたがたは知らないのか」と言います。既に 6:3、6:16 と2…

聖句で辿る聖書 88

出エジプト記33章 15節(新共同訳) モーセは主に言った。「もし、あなた御自身が行ってくださらないのなら、わたしたちをここから上らせないでください」。 「神と共に歩む(生きる)」これが聖書の示す救いである。主が共におられることが、神の民の願いで…

ルカによる福音書 24:44〜49

2018年10月14日(日)主日礼拝 聖書箇所:ルカ 24:44〜49(口語訳) 復活されたイエスがシモン(ペテロ)やエマオに向かった二人に弟子に現れたと弟子たちが大騒ぎしていると、突然イエスが彼らの中に現れ「やすかれ」と言われました。弟子たちは霊を見てい…

聖書通読のために 78

マタイによる福音書 9章 18~19, 23~26節(新共同訳) 指導者の娘が死んだ。しかし彼は、イエスが手を置けば、娘は生き返ると期待した。 イエスが指導者の家に行くと、葬儀の準備が始まっていた。イエスは言う。「あちらへ行きなさい。少女は死んだのではない…

聖句による黙想 35

聖句による黙想 思い巡らす meditation meditado ローマの信徒への手紙 3章 10節(新共同訳) 次のように書いてあるとおりです。「正しい者はいない。一人もいない。」 人はそれぞれ自分の基準で判断するので、一人ひとりに正しい人と悪い人がいる。しかし聖…

聖句で辿る聖書 87

出エジプト記32章 27節(新共同訳) 彼らに、「イスラエルの神、主がこう言われる。『おのおの、剣を帯び、宿営を入り口から入り口まで行き巡って、おのおの自分の兄弟、友、隣人を殺せ』」と命じた。 神がこんなことを命じるのか、と信じがたい言葉が聖書に…

ローマ人への手紙 6:20〜23

2018年10月7日(日)主日礼拝 聖書箇所:ローマ 6:20〜23(口語訳) 罪の僕とは、罪の導くままに生きることです。聖書の語る罪とは、神の御心、教えに無関心で、自分の思いに従って生きることです。ですから、義すなわち神との正しい関係とは縁がありません…

聖書通読のために 77

マタイによる福音書 9章 14~17節(新共同訳) 時は止まらない。そして時は神の領分である。 アダムとエバが罪を犯し、人が罪を抱えてから、イエス キリストが来られるまで長い時間がかかった。いつ生まれいつ死ぬのか、いつキリストと出会うのか、それは神が…

聖句による黙想 34

聖句による黙想 思い巡らす meditation meditado ローマの信徒への手紙 7章 22節(新共同訳) 「内なる人」としては神の律法を喜んでいますが、わたしの五体にはもう一つの法則があって心の法則と戦い、わたしを、五体の内にある罪の法則のとりこにしている…

聖句で辿る聖書 86

出エジプト記32章 14節(新共同訳) 主は御自身の民にくだす、と告げられた災いを思い直された。 神はモーセの執り成しを聞き入れられた。神は、民の執り成しを受け入れてくださる。 ハレルヤ

ルカによる福音書 24:36〜43

2018年9月30日(日)主日礼拝 聖書箇所:ルカによる福音書 24:36〜43(口語訳) イエスが復活された日曜日、クレオパともう一人の弟子が、エルサレムから約11km余り離れたエマオという村に向かって歩いていました。二人は、その日の朝、女性たちが伝えたイ…

聖書通読のために 76

マタイによる福音書 9章 9~13節(新共同訳) イエスは徴税人や罪人と食事をされる。自らの清さを求める人たちはこれを理解できなかった。これは、神の御心を理解していないからだとイエスは言う。(『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』…

聖句による黙想 33

聖句による黙想 思い巡らす meditation meditado ローマの信徒への手紙 8章 7節(新共同訳) なぜなら、肉の思いに従う者は、神に敵対しており、神の律法に従っていないからです。従いえないのです。 罪人は律法を神の御心どおりに守ることはできない。罪が…

聖句で辿る聖書 85

出エジプト記31章 13節(新共同訳) あなたたちは、わたしの安息日を守らねばならない。それは、代々にわたってわたしとあなたたちとの間のしるしであり、わたしがあなたたちを聖別する主であることを知るためのものである。 神を覚える時間、神との交わりの…

ローマ人への手紙 6:15〜19

2018年9月23日(日)主日礼拝 聖書箇所:ローマ 6:15〜19(口語訳) 救いは、神と共に生きることです。神と共に生きる人間は「恵みの下にあるのだから、罪を犯してもいいんじゃないでしょうか」(6:15)とは考えません。「恵みが増し加わるのを期待して、罪…

聖句による黙想 32

聖句による黙想 思い巡らす meditation meditado 創世記 2章 17節、3章 4~6節(新共同訳) ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。 蛇は女に言った。「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のよ…

聖句で辿る聖書 84

出エジプト記30章 29節(新共同訳) あなたがこれらを聖別すると、神聖なものとなる。それに触れたものは、みな聖なるものとなる。 聖別するとは、神のものとして取り分けることである。聖別されたものに触れるということは、神のものに触れるということであ…