聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

ローマ人への手紙 4:13〜17a

2018年1月28日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 4:13~17a(口語訳) パウロは、神がアブラハムによって示された信仰の義について語ります。 13節の「世界を相続させる約束」というのは、創世記に出てきます。12:3には「地のすべてのやからは、あ…

聖書通読のために 64

マタイによる福音書 7章 13, 14節(新共同訳) 「狭き門」、入試などの際によく聞く、多くの人が知っている言葉である。 イエスが言われる狭き門は、命に通じる門。それに対し、滅びに通じる門は広く、その道も広々としている。多くの人は広い門をくぐる。し…

聖句による黙想 19

マルコによる福音書 12章 29~31節(新共同訳) 「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』第二の掟は、これ…

聖句で辿る聖書 72

出エジプト記18章 24~26節(新共同訳) モーセはしゅうとの言うことを聞き入れ、その勧めのとおりにし、全イスラエルの中から有能な人々を選び、彼らを民の長、すなわち、千人隊長、百人隊長、五十人隊長、十人隊長とした。こうして、平素は彼らが民を裁いた…

ルカによる福音書 22:54〜62

2018年1月21日(日)主日礼拝聖書箇所:ルカによる福音書 22:54~62(口語訳) 過越の食事が行われた日の夜中、イエスは祭司長、宮守がしら(神殿守衛長)、長老たちの手の者によって捕らえられました。そして大祭司の邸宅に連れて行かれます。 ペテロは気…

聖句で辿る聖書 71

出エジプト記18章 10節(新共同訳) 「主をたたえよ/主はあなたたちをエジプト人の手から/ファラオの手から救い出された。主はエジプト人のもとから民を救い出された。」 出エジプトは、神が救いの神であることを知った大切な出来事。

ローマ人への手紙 4:9〜12

2018年1月14日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 4:9~12(口語訳) パウロは割礼について語ります。これは、ユダヤ人キリスト者が救いについて正しく知ることを願ってのことです。 11節に「アブラハムは割礼というしるしを受けた」とありますが、…

聖書通読のために 63

マタイによる福音書 7章 7~12節(新共同訳) 天の父が良い物を与えようとしてることを信じて、求め、探し、門をたたきなさいとイエスは勧める。求めること、探すこと、門をたたくことは、祈ることへと通じる。命を与え、共に生きることを願っておられる神の…

聖句による黙想 18

ヨハネの手紙一 4章 8節(新共同訳) 神は愛だからです。ヨハネの手紙一 4章 16節(新共同訳) 神は愛です。 創世記 1:27 にはこうある。「神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。」 ヨハネの手紙一 4章を読…

聖句で辿る聖書 70

出エジプト記16章 23節(新共同訳) モーセは彼らに言った。「これは、主が仰せられたことである。明日は休息の日、主の聖なる安息日である。」 神は休息を与えてくださる。十戒を見れば分かるとおり、「男女の奴隷も、家畜も、寄留する人々(信仰の違う人々…

ルカによる福音書 22:47〜53

2018年1月7日(日)主日礼拝聖書箇所:ルカによる福音書 22:47~53(口語訳) イエスは、弟子たちとの最後の晩餐を終え、オリブ山のいつもの場所に祈るために来られました。イエスは十字架を前にして、苦しみもだえて、切に祈られました。汗が血の滴りのよ…

聖句による黙想 17

創世記 1章 26〜28節(新共同訳) 神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造…

マルコによる福音書 1:1

2017年12月31日(日)主日礼拝 聖書箇所:マルコによる福音書 1:1(口語訳) きょうは大晦日。1年最後の日です。明日になりますと、暦が改まり、新しい年、2018年が始まります。みなさんご存じのように、この2018という年の数え方は、イエス キリストの誕…

ヘブル人への手紙 2:9〜18

2017年12月24日(日)主日礼拝聖書箇所:ヘブル人への手紙 2:9〜18(口語訳) きょうはイエス キリストの誕生を祝うクリスマスの礼拝です。 ですが聖書を見ても、キリストが12月25日に生まれたとは書かれていません。教会がキリストの誕生を祝うのは、神の…

創世記 28:1〜22

2017年12月20日(水)祈り会聖書箇所:創世記 28:1~22(新共同訳) アブラハムの孫、ヤコブの話です。 神の祝福がどうしてもほしかったヤコブは、神の祝福を軽じていた兄エサウの隙をついて、神の祝福を奪ってしまいました。自分で神の祝福を軽んじ、レン…

創世記 22:1〜19

2017年12月17日(日)主日礼拝 聖書箇所:創世記 22:1〜19(口語訳) アブラハムが神の召しを受けて旅立ったのは75歳のときでした。この時、神はアブラハムに対して「わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう」と約束…

創世記 15:1〜21

2017年12月10日(日)主日礼拝聖書箇所:創世記 15:1〜21(口語訳) 神の召しに応え、神の約束の言葉を頼りとしてアブラムは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、旅立ちました。齢すでに75歳でした。神の約束の言葉には、あなたを祝福の基とするという大き…

創世記 12:1〜9

2017年12月3日(日)主日礼拝 聖書箇所:創世記 12:1〜9(口語訳) きょうは待降節第1主日です。教会の暦は、きょうから新しくなり待降節、キリストの誕生を待つ季節となりました。 今年は、創世記12章以下のアブラハムの物語、ヘブル人への手紙、マルコに…

聖句で辿る聖書 69

出エジプト記16章 17, 18節(新共同訳) イスラエルの人々はそのとおりにした。ある者は多く集め、ある者は少なく集めた。しかし、オメル升で量ってみると、多く集めた者も余ることなく、少なく集めた者も足りないことなく、それぞれが必要な分を集めた。 16…

創世記 21:1〜8

2017年11月26日(日)主日礼拝 宇久井伝道所(14:00)聖書箇所:創世記 21:1〜8(口語訳) 「主は、さきに言われたようにサラを顧み、告げられたようにサラに行われた」と聖書は語ります。 18章で、主はアブラハムに現れました(18:1)。このとき主は三人の…

ローマ人への手紙 4:6〜8

2017年11月26日(日)主日礼拝聖書箇所:ローマ人への手紙 4:6〜8(口語訳) パウロは「価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされる」(3:24)と語ります。そして「人が義とされるのは・・信仰によるのである」(3:28)と…

ルカによる福音書 22:39〜46

2017年11月19日(日)主日礼拝 聖書箇所:ルカによる福音書 22:39〜46(口語訳) 最後の晩餐が終わり、ここから場面が変わります。「イエスは出て、いつものようにオリブ山に行かれると、弟子たちも従って行った。」 この場面は「ゲツセマネの祈り」として…

聖句で辿る聖書 68

出エジプト記15章 25, 26節(新共同訳) その所で主は彼に掟と法とを与えられ、またその所で彼を試みて、言われた。「もしあなたが、あなたの神、主の声に必ず聞き従い、彼の目にかなう正しいことを行い、彼の命令に耳を傾け、すべての掟を守るならば、わた…

ローマ人への手紙 4:1〜5

2017年11月12日(日)主日礼拝 聖書箇所:ローマ人への手紙 4:1〜5(口語訳) パウロは「価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされる」(3:24)と語ります。そしてきょうの箇所では、信仰の父アブラハムを例に挙げて、行…

聖句で辿る聖書 67

出エジプト記15章 19節(新共同訳) ファラオの馬が、戦車、騎兵もろとも海に入ったとき、主は海の水を彼らの上に返された。しかし、イスラエルの人々は海の中の乾いた所を進んだ。 神は救いの道を開かれる。 世の力は、それを妨げることはできない。

ルカによる福音書 22:35〜38

2017年11月5日(日)主日礼拝 聖書箇所:ルカによる福音書 22:35〜38(口語訳) イエスは自分の逮捕、そして十字架によって、状況が大きく変化することを暗示しておられます。イエスの保護の許、宣教の準備段階が終わり、本格的に弟子たちが福音宣教に遣わ…

ローマ人への手紙 3:27〜31

2017年10月29日(日)主日礼拝 聖書箇所:ローマ人への手紙 3:27〜31(口語訳) パウロは、人はキリストによってのみ救われることを明らかにしようとしています。ですから、ユダヤ人も異邦人も、神の御前で自分を誇ることはできないし、裁かれる存在である…

聖書通読のために 62

マタイによる福音書 7章 6節(新共同訳) 7:1 から裁きを行い信仰を正そうとする者に対する注意が語られてきている。 信仰的に正しいことを指摘しても、そのことが大事なことだと理解できない人もいる。その正しさを理解し受け止めることのできる時がある。…

聖句で辿る聖書 66

出エジプト記15章 2節(新共同訳) 主はわたしの力、わたしの歌 主はわたしの救いとなってくださった。この方こそわたしの神。わたしは彼をたたえる。 わたしの父の神、わたしは彼をあがめる。 出エジプトにおいて、イスラエルは救いの神を知った。 神は民に…

聖句による黙想 16

ヘブライ人への手紙 3章 4節(新共同訳) どんな家でもだれかが造るわけです。万物を造られたのは神なのです。 万物の根源に神がおられる。 現代では、神は存在せず、すべては科学の法則により、偶然に(たまたま)存在していると考える人もいるが、一方では…