聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

聖句で辿る聖書 51

出エジプト記
4章 21節(新共同訳)

主はモーセに言われた。「エジプトに帰ったら、わたしがあなたの手に授けたすべての奇跡を、心してファラオの前で行うがよい。しかし、わたしが彼の心をかたくなにするので、王は民を去らせないであろう。」


神は、民をエジプトから導き出そうとしているのに、なぜファラオの心を頑なにされるのだろうか。
その理由も、信仰の訓練のためとかいくつか考えられるだろう。しかし聖書も、その理由を記さない。理解し尽くせない神の御心に対するわきまえがあったのだろうか。
いずれにしても、こうしようという神の御心があっても、何の問題もなくすんなり進められるのではないということは分かる。

 

広告を非表示にする

ルカによる福音書 22:14〜18

2017年7月30日(日)主日礼拝
聖書箇所:ルカによる福音書 22:14〜18(口語訳)

 

 最後の晩餐と言われる出来事です。
 13節の終わりに「過越の食事の用意をした」とあります。過越祭の最も中心となる行事が「過越の食事」です。
 過越祭とは、出エジプト記に出てくる神の過越を記念する祭りです。エジプトで奴隷であったイスラエルの民を救い出すため、神はエジプトのすべての人と家畜の初子を打たれましたが、イスラエルの家は過ぎ越されたことを記念する祭りです。
 過越の食事は、ニサンの月(現在の3〜4月)の14日の夕暮れ、ユダヤでは日没から新しい一日が始まると考えていたので、15日に変わってから夜明けまでに食べるものでした。
 ユダヤ教の記録によると、過越の食事の流れは次のとおりです。家族の長が食事の始まりに祈ります。その後、ぶどう酒の杯が回されます。詩篇113と114を歌います。次に苦菜を食べて、二度目の杯が回されます。一人が過越の意味について質問します。食卓の主が聖書によってエジプト脱出について手短に説き明かします。これに続いて、過越の子羊と種なしのパンを食べます。食事は、讃美と感謝の祈りで閉じられます。その後、3度目の杯が回されます。最後に詩篇115から118までが歌われます。そして4度目の杯が回され、過越の祝いは終了となります。(ミュルデル『ルカによる福音書II』教文館、p254)
 最後の晩餐が、ユダヤ教の記録どおりのものであったかは分かりませんが、ルカによる福音書は、4回杯を回した過越の食事から、2度の杯の場面を記述したのでしょう。

 イエスが食卓に着かれ、使徒たちも共に席に着いて、過越の食事が始まります。
 イエスは使徒たちに言われます。「わたしは苦しみを受ける前に、あなたがたとこの過越の食事をしようと、切に望んでいた。あなたがたに言って置くが、神の国で過越が成就する時までは、わたしは二度と、この過越の食事をすることはない。」

 苦しみとは、十字架のことです。ですから、死に至る苦しみです。そして、他者の罪を負う苦しみです。理解されず、あざけられ、誰もついて来ることはできない。他者の罪を負って、ただ一人神の前に立たなければならない。絶対的な孤独の苦しみです。さらに、その自分が捨てられる苦しみです。イエスは十字架の上で「「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」(マルコ 15:34)と叫ばれました。
 イエスは「自分の十字架を負って、わたしに従ってきなさい」(9:23, 14:27)と言われましたが、わたしたちは十字架という言葉の意味をよく考える必要があります。イエスの十字架を前にして、十字架の意味を思い巡らし、イエスがわたしたちに「自分の十字架を負って、わたしに従ってきなさい」と言われたその意味をよく考える必要があります。

 イエスは十字架の前に使徒たちと過越の食事をしようと、切に望んでおられました。それは、過越の食事が指し示してきたものがキリストの十字架であったからです。出エジプトが紀元前1200年頃の出来事と考えられています。つまり1200年もの間指し示してきた出来事が、今起ころうとしている。それを理解し、受け止めさせるための最後の晩餐だったのです。それをイエスは切に望んでおられたのです。使徒たちがこの最後の晩餐の意味を知るのは、聖霊を受けた後のことです。使徒たちは、自分たちが救いを理解し、救いに与り、そしてさらに多くの者たちが救いに入れられることを、イエスがどれほど願い望んでおられたかを、十字架・復活を経て、聖霊を受けた後に知ったのです。

 そしてイエスは言われます。「あなたがたに言って置くが、神の国で過越が成就する時までは、わたしは二度と、この過越の食事をすることはない。」これは未来の約束です。過越の食事は、神が救いの業をなしてくださったことを記念し、喜び祝う食事です。この次は救いの御業が完成したとき、神の国で神の御業を共に喜ぶときだと、イエスは約束してくださったのです。
 先ほど紹介しましたように過越の食事では杯が4回回されます。17節はその何回目か分かりませんが、その際に「「これを取って、互に分けて飲め。あなたがたに言っておくが、今からのち神の国が来るまでは、わたしはぶどうの実から造ったものを、いっさい飲まない」と言われたのも、使徒たちが約束を忘れないように念押しして言ってくださったのです。

 使徒たちは、これから願わぬ出来事に直面させられます。使徒たちに、イエスの死を願う者はいません。イエスの十字架を願っている者はいないのです。それがこれから起こってくるのです。自分たちの願いや期待とは違う神の御心、神の計画を突きつけられます。それが十字架です。そして、神の御心によってこそ救いの御業はなされることを突きつけられるのです。

 今も聖晩餐は、救いが神から来ることを示し証しし続けています。イエスの制定の言葉を聞き、イエスの十字架の御業によってわたしたち一人ひとりの前に救いの恵みが差し出されるのです。イエス キリストが世に来られたのも、十字架にかかられたのも、わたしたちの願いでも計画でもありません。救いは神ご自身にあるのです。神こそがわたしたちの救いなのです。

 そして、その神に出会い、救いに与ることができるために、教会はあるのです。これこそが決して忘れてはならない教会の使命です。もし教会がこのことを第2第3のこととしたり、何か他のことでこれを薄めてしまったり、ぼんやりさせてしまうとするなら、そこはもはやキリストの教会ではありません。神はわたしたちの救いの源、救いそのものであり、わたしたちの救いも命も神にかかっているのです。イエス キリストが文字通り命をかけて成し遂げてくださった御業が、教会に委ねられているのです。

 わたしたちも、わたしたちのために命をかけてくださったイエス キリストを、指し示し、証しし、宣べ伝えていきます。教会へと導かれてきた一人ひとりが、このキリストに出会い、神を知り、救いに与ることができるように、未来が老いて死んで終わるのではなく、キリストがご自分の命を「さぁ、あなたのためのわたしの命だ」と言って差し出してくださるのを受けることができるように、神が備えていてくださる新たな命に満たされ祝福されて、神と共に歩んでいけるように、教会は託された務めを果たし続けていくのです。わたしたちの教会もまた、代々の教会と共に、日本キリスト教会の諸教会と共に、救いのための務めを担い続け、神から「忠実なよい僕よ」と言って喜ばれ、恵みにさらに恵みを加えられるそのようなキリストの教会であり続けたいと心から願います。

ハレルヤ

 

聖書通読のために 53

マタイによる福音書 6:14, 15(新共同訳)

 

 人は神にかたどられて造られた(創世記 1:26, 27)。神は人にご自分に倣うことを求められる。神は赦すお方である。神は人間の罪に対して、悔い改め赦される道を示された。旧約の祭儀はそれを指し示している。自分自身が神に赦され、自分もまた赦す者とされていくのである。
 罪は無条件に赦されるのではない。悔い改めが求められる。罪の贖いが必要であることが示される。神はひとり子を世に遣わし、その命をもって罪を贖われた。人は神の御前で罪を認め、キリストを信じて、神へと悔い改めるのである。悔い改め、神に従って歩み始めるとき、人は神に倣うようにと導かれる。
 神に倣って赦すとき、人は神に従おうとしていることを示される。そのとき、人は今自分も神の赦しに与っていることに気づかされるのである。

喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

 

広告を非表示にする

聖句による黙想 7

聖句による黙想
 思い巡らす meditation meditado

 

詩編 22篇 5, 6節(新共同訳)

わたしたちの先祖はあなたに依り頼み
依り頼んで、救われて来た。
助けを求めてあなたに叫び、救い出され
あなたに依り頼んで、裏切られたことはない。


 キリスト教の歴史の中には、数多くの殉教者がいる。昨年公開された『沈黙』(原作:遠藤周作)でも、苦難のときの神の沈黙をテーマとしていた。救われて生き残った者だから、このように告白できるのだろうか。
 わたしはおそらくこの御言葉を語って「あなたは恵まれているからそんなことを言えるのだ。それなら今救ってくれ」と言われるのを恐れている。答えることのできない言葉を突きつけられるのを恐れている。
 しかし、この御言葉も二千数百年語られてきた。戦争で命を奪われるときも、疫病で命を失うときも、よい時だけでなく、苦難の時にも語られてきた。わたしの不信仰による不安を超えて、この言葉をご自身の言葉とされた神自ら、わたしたちの命に責任を負ってくださる。そして神は、ひとり子を救い主として世に遣わされた。

ハレルヤ

 

広告を非表示にする

聖句で辿る聖書 50

出エジプト記
4章 14~16節(新共同訳)

 

あなたにはレビ人アロンという兄弟がいるではないか。わたしは彼が雄弁なことを知っている。・・
彼によく話し、語るべき言葉を彼の口に託すがよい。わたしはあなたの口と共にあり、また彼の口と共にあって、あなたたちのなすべきことを教えよう。
彼はあなたに代わって民に語る。彼はあなたの口となり、あなたは彼に対して神の代わりとなる。


モーセは、神がお立てになった優れた指導者である。しかし、彼には助け手が必要だった。そして、その助け手も神が備えてくださる。

 

広告を非表示にする

創世記 12:1〜4

2017年7月23日(日)主日礼拝 宇久井伝道所(14:00)
聖書箇所:創世記 12:1〜4(口語訳)
 
 時に主はアブラムに言われた、「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、/あなたをのろう者をわたしはのろう。地のすべてのやからは、/あなたによって祝福される」。アブラムは主が言われたようにいで立った。ロトも彼と共に行った。アブラムはハランを出たとき七十五歳であった。
 
 
 神は、救いの御業のためご自身の民を召し出されました。それがアブラハムであり、彼の子孫であるイスラエルです。そのアブラハムの物語がこの創世記12章から始まります。アブラハムは、神の改名によってアブラハムとなりました(17:5)。その前は、アブラムという名前でした。
 
 時に主はアブラムに言われます。「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。」
 神の民は、神に呼ばれ招かれます。イエスも同じようにして弟子を召されました。漁をしていたシモン ペテロとその兄弟アンデレに対して、イエスは「わたしについてきなさい」と言われます。すると、彼らはすぐに網を捨てて、イエスに従ったのです(マルコ 1:16-18)。
 アブラムの場合も、イエスの弟子たちの場合も、不思議です。なぜこれだけの言葉で、従っていけるのでしょうか。しかしよく考えると、キリスト者は皆そうなのかもしれません。なぜ神を信じ、神に従っているかと聞かれたら、一人ひとり答えは違うでしょう。けれど一言で言うと、神さまに召されたということになるのではないでしょうか。だからわたしたちの教会は、礼拝の最初は招きの言葉で始まるのです。ここに集う誰もが、神に呼ばれ、招かれているのです。
 
 神の召しはこのような言葉で言われます。「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。」
 これは「頼りとするものを手放して、わたしに依り頼みなさい。わたしの導きを信じ、わたしに従いなさい」ということです。
 わたしたちは未来を知りません。それ故、わたしたちはいつも不安です。だから多くの人は、占いを求めます。しかし、アブラムに、そしてすべての神の民に求められるのは、神に依り頼み、神を信じて生きることです。これこそが神の民の第一の務めです。
 
 神はアブラムに約束します。「わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、/あなたをのろう者をわたしはのろう。地のすべてのやからは、/あなたによって祝福される」
 神はさらに、ご自分の民に務めを与えられます。それは、祝福の務めです。これは、神の御業に仕える務めです。
 聖書は、初めから神の祝福を告げています。神はお造りになった世界に向かって言われます。「神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」(創世記 1:22)」人をお造りになったときも言われました。「神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」(創世記 1:28)」さらに「神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終って休まれたからである(創世記 2:3)」世界は、神の祝福で満ちていました。それが、罪のために神の祝福を受けられなくなってしまいました。
 そこで神は、祝福の基となるご自分の民を召し出されたのです。そして今わたしたちが使っている口語訳聖書で、最後に祝福という言葉が出てくる箇所はこういう言葉です。「悪をもって悪に報いず、悪口をもって悪口に報いず、かえって、祝福をもって報いなさい。あなたがたが召されたのは、祝福を受け継ぐためなのである」(1ペテロ 3:9)
 現代は、テロの時代と言われ、報復の連鎖と言われ、怒りや恨みが世界を覆い尽くそうとしているかのような時代です。その中にあって、わたしたちは神によって、祝福の基とされているのです。「わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、/あなたをのろう者をわたしはのろう。地のすべてのやからは、/あなたによって祝福される」地のすべてのものを祝福するために、わたしたちは召され、神の民とされたのです。
 
 わたしたちの礼拝は、神の招きで始まり、神の祝福と派遣で終わります。皆さんはきょう、神の招きを受け、そして神の祝福を受けて遣わされていくのです。皆さんが祝福の基とされ、その遣わされた所が神の祝福で満たされていきますように。
 
 
ハレルヤ
 
広告を非表示にする

ローマ人への手紙 2:25〜29

2017年7月23日(日)主日礼拝
聖書箇所:ローマ人への手紙 2:25〜29(口語訳)

 

 パウロは、ユダヤ人のしるしである割礼について語ります。
 割礼というのは、男性の性器の皮を切り取る儀式です。これはユダヤ教でだけ行われる儀式ではなく、エチオピアあたりが発祥だとも言われる古い儀式で、多くの民族の間で行われていたものです。
 この割礼については、創世記17章に出てきます。「神はまたアブラハムに言われた、「あなたと後の子孫とは共に代々わたしの契約を守らなければならない。あなたがたのうち男子はみな割礼をうけなければならない。これはわたしとあなたがた及び後の子孫との間のわたしの契約であって、あなたがたの守るべきものである。」(創世記 17:9, 10)
 神は割礼をご自身の民のしるしとされました。割礼は多くの民族の間で行われていましたが、神は割礼に特別の意味を持たせられました。それは、割礼が神との契約のしるしであるということです。「あなたがたは前の皮に割礼を受けなければならない。それがわたしとあなたがたとの間の契約のしるしとなるであろう。」(創世記 17:11)これは、自分自身に刻まれた消えることのないしるしです。罪を抱えた肉を切り捨てて、神と共に生きることを表すしるしです。普段は服の中に隠されており、他の人からは見えませんが、本人には自分が割礼を受けており、神と契約したイスラエルの一員であることを生涯示し続けるしるしなのです。
 この割礼は、自分が神の民であるという誇りでもありました。自分は神の民イスラエルの一員、他の民とは違う、という誇りがありました。

 パウロからすると、自分はユダヤ人、神の民であるという誇りは、信仰の妨げでしかありませんでした。パウロはピリピ人への手紙で自らこう言っています。「肉の頼みなら、わたしにも無くはない。もし、だれかほかの人が肉を頼みとしていると言うなら、わたしはそれをもっと頼みとしている。わたしは八日目に割礼を受けた者、イスラエルの民族に属する者、ベニヤミン族の出身、ヘブル人の中のヘブル人、律法の上ではパリサイ人、熱心の点では教会の迫害者、律法の義については落ち度のない者である。しかし、わたしにとって益であったこれらのものを、キリストのゆえに損と思うようになった。わたしは、更に進んで、わたしの主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、いっさいのものを損と思っている。キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったが、それらのものを、ふん土のように思っている。それは、わたしがキリストを得るためであり、律法による自分の義ではなく、キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基く神からの義を受けて、キリストのうちに自分を見いだすようになるためである。」(ピリピ 3:4~9)
 この中で、きょうとの関わりで最も大事なのは、次の部分です。「わたしは、更に進んで、わたしの主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、いっさいのものを損と思っている。キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったが、それらのものを、ふん土のように思っている」
 パウロは、ユダヤ人が誇りとするものの一切を損だと思っています。それは「キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえ」であり、実際パウロは「キリストのゆえに」「すべてを失」いました。「すべてを失」いましたが、「それらのものを、ふん土のように思っている」のです。だからパウロは、自分と同じユダヤキリスト者が、キリスト以外のものを誇りとしていることに対して「それは違う」と思っているのです。自分がユダヤ人であるとか、割礼を受けているとか、旧約の御言葉に通じているとか、そんなものに頼っていてはダメだ、と思っているのです。

 救いの本質は、神と共に生きるところにあります。自分を中心にし、自分に執着する罪から贖われ、神を主とする信仰へと新たにされなければなりません。そのためにキリストは世に来られ、命を献げられました。しるしは、キリストを指し示すものであって、しるしが救うのではありません。割礼が救うのでも、洗礼が救うのでもありません。それらはイエス キリストを指し示すのであって、わたしたちはイエス キリストによってのみ救われるのです。

 割礼は、罪を抱えた肉を捨てて、新たにされて、神と共に生きることを示します。もし、割礼を受けていない人が、神の言葉に従って生きていれば、その人こそ神の民、隠れたユダヤ人なのです。割礼を誇る者は、神の言葉に従って生きる人によって、罪が明らかにされるでしょう。イエスもこう言われました。「わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。」(マタイ 7:21)

 パウロは言います。「霊による心の割礼こそ割礼であって、そのほまれは人からではなく、神から来るのである。」
 わたしたちの救いも誉れも、神から来ます。そして神が、主の日ごとにわたしたちを礼拝へと召し集めてくださるのは、神ご自身と出会い神を知るためです。わたしたちは罪によって、神を忘れてしまいます。神と結び合わせるためのしるしさえも、自分を誇るものにしてしまいます。愛を語り、愛を行っているようであっても、自分が愛を行っている、そう自分で満足し、自分を誇るなら、それは神と共に生きる愛ではありません。
 神を知るように、神との交わりに生きるように、神は主の日ごとにわたしたちを召し集め、そして御言葉を語り続けてくださいます。わたしたちは、イエス キリストに導かれて神へと思いを向けていかなくてはなりません。そして、神と共に生きるのです。教会にいるその時だけでなく、神が命を与え、わたしたちに与えてくださるそのすべての時を、神と共に生きるのです。
 その時わたしたちは、パウロの思いが、神と共に生きていく中で少しずつ示され分かるようになるでしょう。パウロの書いたピリピ人への手紙を紹介しましたが、まだわたし自身、自分が今持っているものをすべて糞土のように思っているわけではありません。理屈では、頭では分かっていても、これはまだ手放せない、そういうものがあります。けれど、そういうものをすべて手放すようにと導かれる時があります。それが「死」であります。
 一切のものを手放して、親しく生きていた誰からも離れて、本当に神にすべてを委ねて、神に導かれていくその時を、神はわたしたちの生涯の最後に、用意をしておられます。その時に驚き慌てふためくのではなく「わたしがあなたを造った、わたしがあなたを愛している、わたしがあなたを救った」そう言われる神ご自身と出会って、「あぁ主よあなたはこのわたしを捉え語り続けてくださいました。今こそあなたにわたしのすべてをお委ねします」と言って神と共に歩んでいくその時を、神はわたしたちに備えていてくださいます。

 先ほど紹介したマタイによる福音書にあるイエスの言葉は、先日祈り会で家庭礼拝暦(日本キリスト教会出版局発行)で出てきた言葉です。短い勧めの中で、愛ということが語られていました。そして隣人愛という言葉は、キリスト教会の信仰をしるし付ける言葉です。けれども、それが自分の誇りになっていったとき、自分がもはや仕えることも愛することもできない、寝たきりで自分は世話を受けるばかりで、家族に迷惑をかけている申し訳ない、そういう風に思ってしまうようになる時、自分の愛を支えとした人は、その時が苦しくて苦しくてたまらなくなります。もし御心に適う業をすることができたなら、自分を誇るのではなく、そのようにできた賜物と信仰を与えてくださった主に感謝するのであって、わたしたちの一切の望みは、神ご自身にこそあるのです。

 神を誇りとし、神の御心と御業に望みを置く人は幸いです。その人は、わたしたち一人ひとりを愛して止まない、今も生きて働かれる、活ける真の神と出会い、神と共に生きるようになるでしょう。


ハレルヤ