聖書の言葉を聴きながら

一緒に聖書を読んでみませんか

神学入門 13

神学 聖書学10

正典 03

 

 「聖書は神の言(ことば)である」。これが、わたしが日々営む教会の学としての神学の基盤である。
 しかしわたしは、聖書を全部調べ、納得した上で「聖書は神の言である」と信じているわけではない。
 わたしは、イエス キリストをわたしの救い主である、と信じたときに、キリストにあって聖書は神の言であると信じたのである。
 イエスは安息日に会堂でイザヤ書から語られた(ルカ 4:16〜21)。また「律法の文字から一点一画も消え去ることはない」(マタイ 5:18)と言われている。
 イエスご自身が旧約を神の言とされ、わたしは聖書によってキリストと出会い、信仰に導かれた。だから、キリストにあって聖書は神の言であると信じているのである。旧約も新約も神を証しし、神である御子イエス キリストを指し示している。

 このようにして、わたしは「聖書は神の言である」と信じているが、説教の務めを与えられているので、できれば聖書全巻を礼拝と祈り会で語り、「確かに聖書は神の言であった」と確認したいと願っている。しかし、それは時間的に難しいようだ。2017年4月で説教を始めて27年になるが、まだ説教していない箇所が多くある。
 その上、わたしの信仰が及ばなくて、まだ神の御心を理解できていない箇所が何カ所かある。以下に記した4箇所はわたしにとって特に困難な箇所である。皆さんに神の御心を尋ね求めていって頂きたい。そして分かったことをネットで発表して、教えて頂きたい。
 ヨシュア記、士師記の聖戦
 歴代誌上1〜12章の系図
 テモテへの手紙 一 2:12〜3:1
 ヘブライ人への手紙 6:4〜6
 神の国に入れられて、神にお会いできるときには、是非お尋ねしたいと思っている。

主は生きておられる(エレミヤ 4:2 新共同訳)

 

広告を非表示にする

聖句で辿る聖書 25

創世記
26章 24節(新共同訳)

その夜、主が現れて言われた。「わたしは、あなたの父アブラハムの神である。恐れてはならない。わたしはあなたと共にいる。わたしはあなたを祝福し、子孫を増やす/わが僕アブラハムのゆえに。」


 神はその民と共にいてくださる。
 神はその民を祝福してくださる。

 

広告を非表示にする

教理による黙想の手引き 21

教理による黙想の手引き 第21回
日本キリスト教会発行 福音時報 2016年9月号掲載
 掲載時のコーナータイトルは「教理を学ぶ - 説教で聞く教理 -」)

 

「洗礼」

「あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ。」
(マタイによる福音書 28:19 ~20 口語訳)

 主から委託された教会の務めには、聖礼典があります。
 聖礼典には洗礼と聖晩餐(聖餐)の2つがあります。この2つは基本的に礼拝の中で行われます。説教と切り離すことはできないものです。
 聖礼典は、主が行うように命じてくださったものです。目に見えるしるしによって、自分がキリストの救いに入れられていることを確認させてくださる恵みの業です。説教で告げられた救いの出来事に自分が入れられていることを保証してくださる恵みの業です。

 今回は、洗礼について考えましょう。
 使徒行伝 22章16節には「み名をとなえてバプテスマを受け、あなたの罪を洗い落としなさい」とあります。罪の洗い落とし、罪の洗い清めの洗礼という理解が示されています。使徒行伝 2章38節には「罪のゆるしを得るために・・バプテスマを受けなさい」とあり、罪の赦しを得るための洗礼という理解が示されます。

 この罪の赦し、洗い清めということを考えるとき、一番思い浮かぶのは、イエスが洗礼を受けられた(マルコ 1:9~11、マタイ 3:13~17、ルカ 3:21, 22)、ということです。イエスは罪を持っておられません。つまり、イエスには洗礼を受ける必要はないのです。それなのにイエスは洗礼をお受けになりました。そして3つの福音書ともに「わたしの心にかなう者である」という天からの声を記しています。
 この洗礼から救い主としての公生涯が始まるわけですが、罪の洗い清めの必要のないイエスが洗礼を受ける。それが父なる神の御心にかなう。これは救い主の有り様を象徴する出来事です。罪なき神の子が、罪人のために人となる。罪の贖いのために十字架で命をささげる。救い主は、罪人の救いのために自分自身には必要のないことを身に負って、わたしたちの前に救いの道を開いてくださったのです。

 もう一つ洗礼が指し示す大切な事柄があります。それは、救いのために人となられたイエス・キリストと結び合わされる、ということです。結び合わされるというのは、イエスの救いの御業が自分のものとなるということです。ローマ人への手紙 6章3~6, 8, 11節を読んでみましょう。「キリスト・イエスにあずかるバプテスマを受けたわたしたちは、彼の死にあずかるバプテスマを受けたのである。すなわち、わたしたちは、その死にあずかるバプテスマによって、彼と共に葬られたのである。それは、キリストが父の栄光によって、死人の中からよみがえらされたように、わたしたちもまた、新しいいのちに生きるためである。もしわたしたちが、彼に結びついてその死の様にひとしくなるなら、さらに、彼の復活の様にもひとしくなるであろう。わたしたちは、この事を知っている。わたしたちの内の古き人はキリストと共に十字架につけられた。それは、この罪のからだが滅び、わたしたちがもはや、罪の奴隷となることがないためである。・・もしわたしたちが、キリストと共に死んだなら、また彼と共に生きることを信じる。・・このように、あなたがた自身も、罪に対して死んだ者であり、キリスト・イエスにあって神に生きている者であることを、認むべきである。」
 ここで書かれているのは、洗礼を受けるということは、イエスの十字架の死と復活の命に結び合わされ、古い自分に死んで、キリストの復活の命に新たに生まれる、ということです。これは、キリストと一つにされるということです。分かち難く一つにされるということです。

 だから、イエスは力強く宣言されます。「見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」(マタイ 28:20)。

 洗礼によって、イエスと共に生きる新しい人生が始まるのです。

ハレルヤ

 

聖書通読のために 40

思い巡らす meditation meditado
 神の思いに心を向けるために

 

マタイによる福音書 5:38〜42(新共同訳)

 38節の「目には目を、歯には歯を」は出エジプト 21:23に出てくる。この戒めには、為したことの責任を取ることと、報いが「目には目と歯を」のように増大することを制止する意味がある。
 「悪人に手向かってはならない」の箇所で、先輩の牧師は「自己防衛、家族を守ることなどをしなくてもよいということではない。悪人に対して、こちらも悪人のようになり、手向かってはならない」と語っている。わたしも罪を容認し(例えばいじめ)、罪を助長するような行為が求められているのではない、と思う。
 聖書では「悪に報いたい、と言ってはならない。主に望みをおけ、主があなたを救ってくださる」(箴言 20:22)、また「自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。「『復讐はわたしのすること、わたしが報復する』と主は言われる」と書いてあります」(ローマ 12:19)と言われている。
 これは、個人的な復讐、私刑が戒められていると、わたしは理解している。それには、主の裁きを信じられなくてはならない。神はご自身のひとり子の命をかけても罪を裁かれるお方である。
 わたしには、40〜42節を理解するのが難しい。
 当時も、そして今でも、権力による搾取、強制は存在する。基本的人権が言われ教えられる現代日本でも、それはある。ただ、40, 41節と42節とでは意味合いに違いを感じる。搾取され、強制されたものは貸しなのだろうか。


喜びあれ(マタイ 28:9 岩波版)

 

広告を非表示にする

聖句で辿る聖書 24

創世記
26章 22節(新共同訳)

イサクはそこから移って、更にもう一つの井戸を掘り当てた。それについては、もはや争いは起こらなかった。イサクは、その井戸をレホボト(広い場所)と名付け、「今や、主は我々の繁栄のために広い場所をお与えになった」と言った。


 神は民の居場所を用意してくださる。
 参照:ヨハネによる福音書 14:2「わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか」

 

広告を非表示にする

ローマ人への手紙 1:18〜23

2017年3月5日(日)主日礼拝
聖書箇所:ローマ人への手紙 1:18〜23(口語訳)

 パウロは、福音宣教のために3度にわたる伝道旅行を行いました。その中でギリシャの中心都市アテネにも行きました。パウロは偶像がおびただしくあるのを見て、憤りを感じ、会堂ではユダヤ人や信心深い人たちと論じ、広場では毎日そこで出会う人々を相手に論じ合いました(使徒 17:16, 17)。そこでパウロはこんなことを言っています。「アテネの人たちよ、あなたがたは、あらゆる点において、すこぶる宗教心に富んでおられると、わたしは見ている。実は、わたしが道を通りながら、あなたがたの拝むいろいろなものを、よく見ているうちに、『知られない神に』と刻まれた祭壇もあるのに気がついた。そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるものを、いま知らせてあげよう」(使徒 17:22, 23)
 ギリシャ人の信仰の熱心は、自分たちが気づいていない神に失礼があってはならないと考えて、『知られない神に』と刻まれた祭壇まで作っていました。そこでパウロは、あなたたちの知らない神について知らせようと言って神の救いの御業について語りました。

 パウロは世に数え切れない神々がいることを知っていました。そして、パウロよりも広い世界を知っているわたしたちは、パウロ以上にたくさんの神々が世にはいることを知っています。ギリシャ・ローマの神々、エジプトの神々、北欧の神々、ヒンズーの神々、そして日本の八百万の神々。キリスト者に聞くまでもなく、聖書に依らずとも、人々は神なるものを知っています。パウロは「神について知りうる事がらは、彼らには明らかであり、神がそれを彼らに明らかにされたのである。神の見えない性質、すなわち、神の永遠の力と神性とは、天地創造このかた、被造物において知られていて、明らかに認められるからである」(19, 20節)と言っています。

 人は、その長い歩みの中で、自然の恵みなくして生きていけないことを理解してきました。農業、狩猟、漁業、林業、自然と関わる人たちは、神を無視して生きることはありませんでした。神が自然の恵みを与え、生きることを守り支えてくださるように神を祭ってきました。自然の力を前にして、人の命が奪われてしまうことを覚えて、神の守りを祈願してきました。はかなく短い人の命と比べて遙かに長い時を生き存在している木や岩や山を崇めてきました。そこに神の永遠の力と神性が宿っていると信じて崇めてきました。便利になった都市で暮らす人たちは神を畏れ敬う思いが薄らいできていますが、今でも自然と関わる仕事をする人たち、命に関わる危険のある仕事に携わる人たちには、神事は欠かせません。
 だからパウロは語ります。「彼らには弁解の余地がない。なぜなら、彼らは神を知っていながら、神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからである。彼らは自ら知者と称しながら、愚かになり、不朽の神の栄光を変えて、朽ちる人間や鳥や獣や這うものの像に似せたのである」

 パウロは、人々が被造物、つまり自然から知った神への信仰は適当ではないと言っています。聖書が教える信仰は、神が中心です。神が主であり、わたしたちは僕です。しかし、自然から知った神への信仰は、自分が中心の信仰です。自分たちの生活が恵まれるための信仰であり、自分たちの命が守られるための信仰です。このような信仰の場合、文明により生活が豊かになり、命の危険が減っていくと、神を信じ敬う必然性が薄らいでいきます。多くの日本人が「宗教を信じてはいない」と言うのもそのためです。
 この人間が益を受けるための信仰は、様々な偶像を作り出してきました。パウロは「自ら知者と称しながら、愚かになり、不朽の神の栄光を変えて、朽ちる人間や鳥や獣や這うものの像に似せた」と語ります。
 わたしたちの周りにもいろいろあります。菅原道真を祭る太宰府天満宮徳川家康を祭る日光東照宮明治天皇を祭る明治神宮。日本でも朽ちる人間を祭ります。
 そればかりではありません。罪が働くとき、教会の中でさえ、人間を祭り上げることがあります。日本基督教会の歴史の中で大きな働きをした植村正久という牧師をご存じでしょうか。わたしが神学校にいた頃は、植村正久についての特別講義が行われていました。数人の牧師による連続講義で、ある講義に植村正久から洗礼を受けたという高齢のご婦人が出席されました。講義の後の質疑応答の時間にそのご婦人が発言をされました。その発言の中の一言を今でもよく覚えています。そのご婦人はこう言われました。「植村先生は神さまのような方でした」わたしはそれを聞いて「罪を抱えたわたしたちは、キリスト者であっても偶像を作り出してしまうのだろうなぁ」と思い「どうしたらちゃんと神を伝えられるのだろうか」と考え、今に至るまで考え続けています。
 そして、人は神の使いとされる鳥や蛇、神獣と呼ばれる動物たちを考え出し、偶像を作り続けてきました。聖書の中に出てくる例としては、旧約の民が作り出した金の子牛が有名です。
 しかし、人であろうと、動物であろうと、木や岩、山であっても、神の代わりにはなりません。神以外のものに神は務まらないのです。

 自分中心の信仰で、神ならぬものを神としてしまう罪に対して、パウロはこう語ります。「神の怒りは、不義をもって真理をはばもうとする人間のあらゆる不信心と不義とに対して、天から啓示される」(18節)
 神は、愛する人を滅びへと導く罪に対して、お怒りになります。神は、愛する者と共に生きることを願っておられます。それを破壊する罪を、お許しにはなりません。わたしたちも、共に生きることを壊されたら、怒らずにはおれません。しかし、わたしたちは罪がもたらす死に対して無力です。ただ、神だけが死を打ち破り、そこからわたしたちを救い出すことがおできになります。
 わたしたちはきちんと知らなくてはなりません。罪を打ち砕き、わたしたちを命に至らせるために、神はご自身のひとり子をおささげになったということを。ひとり子をおささげになるほどの、わたしたちに対する神の愛と、罪に対する神の怒りをきちんと知らなくてはなりません。
 「神はそのひとり子を賜わったほどに」わたしたちを愛しておられます。わたしたちを救うために、神はイエス キリストの命という高価な代価を支払ってくださいました。「それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るため」であります(ヨハネ 3:16)。わたしたちが神と共に生きられるようになるため、神は他の何ものにも代えることのできないキリストの命をささげ、罪をきちんと裁いて、わたしたちを罪から解き放ってくださいました。十字架は、神の怒りの啓示です。人間のあらゆる不信心と不義とに対して、神はキリストの十字架において裁かれたのです。このお方だけが、わたしたちの罪を解決し、罪から救ってくださるお方です。このお方だけが、わたしたちの命に責任を持ってくださる方なのです。

 パウロは、このわたしたちを愛し、わたしたちを救う真の神を知っているので、自分の安全と豊かさを願い、自分の願いを叶えるために神を動かそうとする信仰に対して厳しく語るのです。「彼らは神を知っていながら、神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからである。彼らは自ら知者と称しながら、愚かになり、不朽の神の栄光を変えて、朽ちる人間や鳥や獣や這うものの像に似せたのである」

 わたしたちは、偶像礼拝に至る自分中心の信仰ではなく、神の言葉に聞いて、神の言葉に育まれる信仰を大事にしていかなければなりません。なぜなら今に至るまで、神はキリストが死に勝利された日曜日ごとに、わたしたちの名を呼び、御前へと招き、救いへと導いておられるからです。神はきょうも、わたしたちを救い、共に生きるために、御言葉を通して語りかけてくださいました。どうか、御言葉によって神を知り、神と共に生きる救いに与って歩まれますように。

ハレルヤ

 

聖句で辿る聖書 23

創世記
25章 33節(新共同訳)

 

エサウは誓い、長子の権利をヤコブに譲ってしまった。


 主がリベカに言われたとおりであるが(23節)、エサウは譲ってはいけないものを譲り、軽んじてはならないものを軽んじてしまった(34節)。

 

広告を非表示にする